このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000130553
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2013Y0023
事例作成日
(Creation date)
2013/3/4登録日時
(Registration date)
2013年04月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年04月23日 10時59分
質問
(Question)
北海道西部の断層について記述のある資料をご紹介ください。
回答
(Answer)
ご照会の事項について回答します(【 】内は当館請求記号です)。
当館所蔵資料のうち、NDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/ )をキーワード「北海道 断層」で検索した結果と科学技術・経済情報室開架資料等から、北海道西部の断層について記述のある資料の一部を抜粋してご紹介します。また、インターネットで確認することができる北海道西部の断層の情報についても合わせてご紹介します。

[図書館資料]
(1)『新編日本の活断層 : 分布図と資料』(活断層研究会 編 東京大学出版会 1991.3【YQ19-423】)
日本を123の地域に分け、それぞれの地域ごとに20万分の1の断層地図と、そこに記載される断層のデータと関連文献を掲載する資料です。北海道は26の地域に分けられ、北海道西部は番号11~26に該当します。

(2)『日本の地震活動 : 被害地震から見た地域別の特徴』(地震調査研究推進本部地震調査委員会編 第2版 地震予知総合研究振興会地震調査研究センター 2009.3 【ME75-J33】)
日本各地の地震活動の特徴を地域ごとにまとめた資料です。「3-4 北海道地域に将来被害を及ぼす地震及び地震活動の評価」で、「今後発生する地震の規模や発生確率が評価されている活断層」(標津断層帯、十勝平野断層帯、富良野断層帯、増毛山地東縁断層帯・沼田-砂川付近の断層帯、当別断層、石狩低地東縁断層帯、黒松内低地断層帯、函館平野西縁断層帯、サロベツ断層帯の9断層)について、解説を掲載しています。
なお、同資料は地震調査研究推進本部のホームページでも公開しています。
http://www.jishin.go.jp/main/p_koho05.htm

(3)『全国地震動予測地図. 別冊 2 (震源断層を特定した地震動予測地図)』(地震調査研究推進本部地震調査委員会 編 地震調査研究推進本部地震調査委員会 2010.3 【ME73-J12】)
 日本の活断層の強震動予測のため、断層ごとにデータと震度分布図をまとめて掲載する資料です。北海道西部の断層では、富良野断層帯、増毛山地東縁断層帯・沼田-砂川付近の断層帯、当別断層、石狩低地東縁断層帯、黒松内低地断層帯、函館平野西縁断層帯、サロベツ断層帯を掲載しています。

(4)『増毛山地東縁断層帯』(北海道立地下資源調査所 調査・編集 北海道立地下資源調査所 北海道活断層図no.1 1998.3 【YG2-Z-1086】)
増毛山地東縁断層帯の断層地図(1:50000)です。地図 1枚+付属資料「増毛山地東縁断層帯解説書」1冊 (60p)です。

(5)『函館平野西縁断層帯 : 活断層図とその解説』(北海道立地下資源調査所 調査・編集 北海道立地下資源調査所 北海道活断層図no.2 1999.3 【ME75-G70】)
 函館平野西縁断層帯の概要、分布・規模と地下構造、活動履歴などをまとめた資料です。関連文献も掲載しています。

(6)『石狩低地東縁断層帯 : 活断層図とその解説』(北海道立地質研究所 北海道活断層図no.3 2001.3 【ME75-H20】)
  石狩低地東縁断層帯の概要、分布・規模と地下構造、活動履歴などをまとめた資料です。関連文献も掲載しています。

(7)『当別断層および南方延長部 : 活断層図とその解説』(北海道立地質研究所 北海道活断層図no.4 2002.3 【ME75-H22】)
当別断層および南方延長部の断層の概要、分布・規模と地下構造、活動履歴などをまとめた資料です。関連文献も掲載しています。

(8)『日本の活断層地図 北海道・東北・新潟活断層地図』(中田高, 今泉俊文 監修 ; 人文社編集部 企画・編集 人文社 2005.11-12 【YG25-Z-296】)
地図資料(地図 1枚+ 解説書1冊 (32p))です。十勝平野断層帯 (1:250000). 函館平野西縁断層帯 (1:150000). 当別断層 (1:150000). 黒松内低地断層帯 (1:150000)の断層地図があります。

(9)『北海道北部地域の断層に関する調査 : 動力炉・核燃料開発事業団委託研究成果報告書. 1』(電力中央研究所 JNC TJ1420; 98-21 1988.6 【ME75-G58】)
(10)『北海道北部地域の断層に関する調査 : 動力炉・核燃料開発事業団委託研究成果報告書. 2』(電力中央研究所 JNC TJ1420; 98-22 1989.8【ME75-G58】)
(11)『北海道北部地域の断層に関する調査 : 動力炉・核燃料開発事業団委託研究成果報告書. 3.』(電力中央研究所 JNC TJ1420; 98-24 1990.6 【ME75-G58】)
 「北海道天塩郡幌延町の貯蔵工学センター候補地周辺地域について、構造物の耐震設計上検討すべき断層とその性状を既往の文献調査により調査した」資料です。関連文献も掲載しています。

なお、(1)~(8)の資料は、北海道立図書館、札幌市中央図書館など、道内の図書館でも所蔵しているようです。道内図書館での所蔵状況は、「北海道内図書館 横断検索」( http://www2.library.pref.hokkaido.jp/wo/crs/crs )で確認することができます。

個別の断層に関する図書及び文献については、それぞれの地名や断層名でNDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/ )を検索して、ご確認ください。

[インターネット情報]
(12)地震調査研究推進本部 検索(活断層の評価)
http://www.hp1039.jishin.go.jp/chousa/searchY2.asp
「評価文の検索」でキーワードに「北海道」を入れて検索すると、各断層帯の評価と関連する文献の情報を見ることができます。

(13)産業技術総合研究所 活断層データベース
http://riodb02.ibase.aist.go.jp/activefault/index.html
「起震断層・活動セグメント検索」で、地図上表示された断層をクリックすると、断層名と概要が表示され、「詳細はこちら」から、断層セグメントごとのデータと文献の情報を見ることができます。

(14)国土地理院 都市圏活断層図
地図のスキャン画像を見る( http://www1.gsi.go.jp/geowww/themap/fm/index.html
断層帯の名称から地図を調べる( http://www1.gsi.go.jp/geowww/bousai/fault_name.html
「都市圏活断層図」とは、人口が集中し、大地震の際に大きな被害が予想される都市域とその周辺について、活断層の位置を詳細に表示した2万5千分の1の地図です。

(15)北海道立総合研究機構地質研究所
分野別課題一覧 活断層
http://www.gsh.pref.hokkaido.jp/research/field/active_fault.html
北海道の活断層-その調査のあらまし-
http://www.gsh.pref.hokkaido.jp/download/fault_investigation/index.html
地質研究所で調査を行った活断層研究の概要を確認することができます。
なお、「地質研究所の図書室では、道内唯一の地学分野専門図書室として、調査研究用に収集した文献資料の閲覧・貸し出しサービスを行っています」とのことです。

(16)北海道庁 北海道地域防災計画(地震・津波防災計画編)[平成25年1月10日修正]
参考図表 第1 想定地震による強震動予測及び被害想定(概算)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/ktk/24bousaikeikaku_jishin011.pdf
断層ごとに算出した、地震による被害想定(建築物被害、人的被害の概数)を掲載しています。

(17)国土交通省 ハザードマップポータルサイト
http://www1.gsi.go.jp/geowww/disapotal/bousailist/index.html?code=1
市町村レベルで公表されるハザードマップをまとめて見ることができます。当該市町村に断層が存在する場合、断層の概要と防災のための情報が掲載されています。


[その他調査済み資料]
・『日本の活断層図 : 地図と解説』(活断層研究会 編 東京大学出版会 1992.8【ME75-G107】)
・『幌延深地層研究計画における断層の解析と地質構造モデルの構築 : 研究報告』(核燃料サイクル開発機構幌延深地層研究センター JNC TN5400; 2005-8 2005.8 【ME613-H24】)
・『幌延深地層研究計画における電磁探査を用いた断層帯調査 : 大曲断層の三次元分布と水理特性 : 研究報告』(核燃料サイクル開発機構幌延深地層研究センター JNC TN5400; 2005-9 2005.8 【ME613-H25】)
・『大曲断層に関するリニアメント判読および地表踏査 : 「核燃料サイクル開発機構」契約業務報告書』(日鉱探開 JNC TJ5410; 2005-6 2005.2 【ME613-H30】)
・『幌延町内における地質調査報告書 : 核燃料サイクル開発機構契約業務報告書』(サワソフトサイエンス JNC TJ1420 ; 2001-37 2001.12 【ME613-H1】)
・『被害地震と活断層の都道府県別一覧』(損害保険料率算定会 1999.8 【ME75-G98】)
・『日本の地震断層パラメター・ハンドブック 』(佐藤良輔 編著 ; 阿部勝征 [ほか]共著 鹿島出版会 1989.3 【ME75-E8】)
・『地震活動総説』(宇津徳治 著 東京大学出版会 1999.12 【ME71-G83】)
・『地震の事典』(宇津徳治 [ほか]編 第2版 朝倉書店 2001.7 【ME2-G25】)
・『地震・火山の事典』(勝又護 編 東京堂出版 1993.9 【ME2-E16】)
・『地震・津波と火山の事典』(東京大学地震研究所 監修 ; 藤井敏嗣, 纐纈一起 編 丸善 2008.3 【ME2-J4】)
・『最新日本の地震地図 』(岡田義光 著 東京書籍 2006.9 【ME75-H116】)
・『全国77都市の地盤と災害ハンドブック』(地盤工学会 編 丸善出版 2012.1 【YU9-J714】)
・『自然災害と防災の事典』(寶馨, 戸田圭一, 橋本学 編 ; 京都大学防災研究所 監修 丸善出版 2011.12 【M2-J58】)
・『自然災害の事典』(岡田義光 編 朝倉書店 2007.2 【M91-H6】)
・『災害列島・危険情報地図 : 身近に潜む危機を知り"万が一"に備える : 最新予測&都道府県別災害関連マップ』(成美堂出版編集部 編 成美堂出版 2012.8【Y94-J27922】)
・『日本の自然災害 : 危機の対策』(昭文社 2012【EG77-J1106】)

インターネットの最終アクセス日は2013年2月26日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地震学  (453 9版)
地形学  (454 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
断層
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000130553解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!