このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129767
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130328-2
事例作成日
(Creation date)
2013年03月28日登録日時
(Registration date)
2013年03月28日 12時10分更新日時
(Last update)
2013年03月30日 10時58分
質問
(Question)
『時範記』について知りたい。
回答
(Answer)
ときのりき【時範記】 国史大辞典
右大弁平時範の日記。『平右記』『右大記』『右御記』などとも称されるが、いずれも時範の極官である右大弁にちなむ名称である。記主時範は平定家の男。天喜二年(一〇五四)生まれる。・・・
[参考文献]
『大日本史料』三ノ一〇 天仁二年二月十日条

平時範 【たいらの-ときのり】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E5%B9%B3%E6%99%82%E7%AF%84  (2013/03/28確認)
回答プロセス
(Answering process)
日本古典籍総合目録データベース(国文学研究資料館)で検索した。

著作ID 1486528
統一書名 時範記 ( ときのりき ), K, 1
別書名
[ 1 ] 右大記( うだいき )
[ 2 ] 時範朝臣記( ときのりあそんき )
分類  日記
著者  平/時範
国書所在
【写】内閣(「右大辨平時範朝臣記」、承保四・応徳四・寛治三・七・八・嘉保三・永長二・承徳三、享和二写三冊)(承暦元‐康和元、一冊)(寛治八、一冊),東洋岩崎(「右少辨平時範記」、嘉保三、一軸),宮書(寛治八、一冊)(「右大辨平時範朝臣記」、歴代残闕日記一五)(諸記録抄出一五),東大史料(寛治三、進献記録抄纂九),京都府(一冊),尊経(永長改元記、一冊),無窮神習(寛治八、一冊),勧修寺家(「右大記」、一冊)(一冊)
【複】〔活〕[補遺]書陵部紀要一四・一七(承徳三)
著作種別 和古書
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本古典籍総合目録データベース(国文学研究資料館)
http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/about.html  (2013/03/28確認)
飯倉晴武 著. 古記録. 東京堂出版, 1998. (日本史小百科)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002709099-00 , ISBN 4490203624 (p.46 20 時範記 院政期地方にも下った中流貴族の日記)
馬場萬夫 編. 日記解題辞典 : 古代・中世・近世. 東京堂出版, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007922226-00 , ISBN 4490106785 (p.150 時範記)
キーワード
(Keywords)
時範記 ときのりき
日記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000129767解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!