このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128604
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2013-03061-般
事例作成日
(Creation date)
2013年3月6日登録日時
(Registration date)
2013年03月06日 15時34分更新日時
(Last update)
2013年03月06日 16時31分
質問
(Question)
おはぎとぼたもちの違いを知りたい。どちらかが春の彼岸で、どちらかが秋の彼岸と決まっていたと思う。さらに、こしあんかつぶあんかで区別があったと思う。
回答
(Answer)
春の彼岸に食べるのが「ぼたもち(牡丹餅)」で、秋の彼岸に食べるのが「おはぎ(御萩・萩の餅)」。小豆の収穫時期に関係し、春にはこしあん、秋にはつぶあんが食べられていた。
ただ、現在は同じものが季節によって、呼び分けられている。呼び名は地方によって異なったり、お店によって異なったりする。
回答プロセス
(Answering process)

1.『広辞苑 第五版』p393より「おはぎ:はぎのもちの別称。」、p2124「はぎのもち:煮た小豆を粒のまま散らしかけたのが萩の花に似ているのでいう。また、ぼたんに似るから牡丹餅(ぼたもち)ともいう。」とあった。「ぼたもち」を調べると、p2461に「はぎのもちに同じ」とある。
2.『暮らしのことば新語源辞典』p190に記述あり。「(前略)秋の彼岸の時は『お萩』、春の彼岸の時は『ぼた餅』と呼ぶのが一般的。」とあるが、あんこの種類のことは書いてなかった。
3.『日本料理行事・仕来り大事典 用語編』p39には「おはぎ【御萩】秋の彼岸の代表的菓子。その季節の花が萩であることから。現在では、春の彼岸に作られるぼた餅と同じものだが、もともとは餅の外側をあんでおおったものを『ぼた餅』、蒸したもち米をそのまま丸めてあんをまぶしたものを『おはぎ』と呼んだといわれる。」とある。こちらの資料では、あんの種類ではなく、中身の違いが書いてあった。p245「ぼたもち【牡丹餅】」には各地方で呼ばれる別名が掲載されていた。さらに「(呼び分けについては)いろいろな説があるが、現代では区別しないのが一般的になっている。」とあった。
4.『和菓子の絵事典 見て、知って、作ってみよう 五感で味わう「和の文化」 』p14にも同じような記述があった。
5.インターネットで「おはぎ」と検索。「おはぎとぼたもち、本当の違い」というサイトで「ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。」とあり、さらに「秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じで、とれたての柔らかい小豆をあんにすることができます。柔らかい皮も一緒につぶして使うので、つぶあんができます。春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになりますが、皮は固くなっています。当然固くなった皮をそのままに使っては食感が悪くなります。そこで皮を取り除いた小豆を使い、こしあんができます。よって春のぼたもちはこしあんで、秋のおはぎ は粒あんだったのです。しかし、今では保存技術の発達や品種改良により、春でも皮のまま使うことができる小豆が登場してしまい、この理由は意味がなくなってしまったのです。」とあった。
6.上記のことを利用者に提供。



事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
新村出 編. 広辞苑 第5版. 岩波書店, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002742770-00 , ISBN 4000801112
山口佳紀 編. 暮らしのことば新語源辞典. 講談社, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009898623-00 , ISBN 9784062653404
小倉久米雄, 小松崎剛, 畑江敬子 監修. 日本料理行事・仕来り大事典 用語編. プロスター, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004254069-00
俵屋吉富, ギルドハウス京菓子京菓子資料館 監修. 和菓子の絵事典 : 五感で味わう「和の文化」 : 見て、知って、作ってみよう. PHP研究所, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009412342-00 , ISBN 9784569687957
キーワード
(Keywords)
おはぎ
ぼたもち
はぎのもち
彼岸
こしあん
つぶあん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
「おはぎとぼたもち、本当の違い」 http://allabout.co.jp/gm/gc/223752/(2012.3.6確認)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000128604解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決