このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117830
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000004445
事例作成日
(Creation date)
2011/06/08登録日時
(Registration date)
2012年12月29日 02時16分更新日時
(Last update)
2013年01月17日 16時22分
質問
(Question)
豊中市中桜塚4丁目の大塚公園はかつて古墳であったと聞いたが、この古墳について詳しくわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
『摂津豊中大塚古墳』『新修豊中市史 第4巻 考古』などに、大塚公園にある大塚古墳についての記載があり。
回答プロセス
(Answering process)
『摂津豊中大塚古墳』(豊中市教育委員会)に、大塚古墳の概要や発掘調査の結果があり。大塚古墳は桜塚古墳群(豊中市中央部にある4世紀末から5世紀末にかけて造られた古墳群)最盛期を代表する円墳。昭和10年代の土地区画整理事業によって近隣の狐塚(きつねづか)古墳・北天平塚(きたてんびんづか)古墳は消滅したが、大塚古墳は公園として保存された。同書には出土した埴輪・方格規矩獣文鏡(ほうかくきくじゅうもんきょう)・勾玉・甲冑・刀剣類などのカラー写真と解説があり。
『とよなか歴史・文化財ガイドブック』(豊中市教育委員会)p40「大塚古墳」には、大塚古墳の出土品の重要性などがわかりやすくまとめられている。また『新修豊中市史第4巻 考古』(豊中市)p298-304にも大塚古墳についての記載があり、特にp298の地図では現在の建物に対する、大塚古墳を含む桜塚古墳群東群の位置関係を見ることができる。なお桜塚古墳群は明治期の調査では36基を数えたが、現存するのは大塚古墳・大石塚古墳・小石塚古墳・御獅子塚古墳・南天平塚古墳の5基のみ。

このほか、『豊中の文化財』(豊中市教育委員会)p50-51、『豊中の史跡たずね描き』(豊中市立教育研究所)p75にも大塚古墳についての記載があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『摂津豊中 大塚古墳』豊中市教育委員会/編集(豊中市教育委員会)
『とよなか歴史・文化財ガイドブック』豊中市教育委員会生涯学習推進室地域教育振興課/編集(豊中市教育委員会生涯学習推進室地域教育振興課)
『新修 豊中市史第四巻』豊中市史編さん委員会/編(豊中市)
『豊中の史跡たずね描き』福西 茂/著(豊中市立教育研究所)
『豊中の文化財』豊中市教育委員会社会教育課/編集(豊中市教育委員会社会教育課)
キーワード
(Keywords)
大塚古墳(オオツカコフン)
古墳
豊中(トヨナカ)
史跡
歴史
桜塚古墳群(サクラヅカコフングン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000117830解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!