このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111952
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000002681
事例作成日
(Creation date)
2010/12/21登録日時
(Registration date)
2012年09月30日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年10月10日 13時01分
質問
(Question)
風や波や雨など、お芝居の時の効果音の作り方が知りたい。たとえば、波の音は箱に小豆を入れてゆらすなど、どういう材料を使ってどういう音ができるかということを、子どもに説明したい。
回答
(Answer)
子ども向けに書かれた本・大人向けに書かれた本を合わせ、下記の資料をご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
市内全館の75(工作)76(音楽)77(演劇)の書架を探し、内容を確認。

『市川染五郎の歌舞伎』(岩崎書店)p17に、歌舞伎で使う楽器の紹介があり、雨の音を出す雨車(あめぐるま)と波の音を出す波ざるのイラストが載っているが、音の出し方の説明はなし。
『音をつくってあそぼう』(草土文化)p58にベルトなどで鞭の音を出す方法、p62におわんと木の箱で馬の走る音を出す方法があり。
『日本の伝統芸能3 日本の音と楽器』(小峰書店)p51に、ボール紙の筒と釘、小石などで雨の音を出すレインスティックの作り方があり。
『シリーズ舞台うらおもて 歌舞伎』(大月書店)p7に歌舞伎の大太鼓で表す雪・川・風・波の音のたたき方があり。

また、大人向けの資料には、以下のようなものがあった。
『舞台効果の仕事』(未来社)p132-138に、雨の音(流し雨)、雷の音(鐡板)、波の音(波ざる)、馬の足音、蛙の声、小鳥・虫の鳴き声、風の音(風車)、鐘の音、汽笛の音の出し方があり。
『学校演劇の舞台美術』(晩成書房)p150「擬音のくふう」に、風・雨(雨団扇)・雷・波の音、馬の足音、牛・カエル・小鳥の鳴き声(特にうぐいす・ふくろう・にわとり)、蝉・こおろぎ・きりぎりすの鳴き声、汽車・舟の櫓・蒸気船の音の出し方があり。
『学校演劇大事典』(東陽出版)p72-83には、上記以外にも様々な擬音の出し方があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『市川染五郎の歌舞伎』小野 幸恵/著(岩崎書店)
『音をつくってあそぼう』繁下 和雄/作(草土文化)
『日本の伝統芸能 8』高橋 秀雄/監修(小峰書店)
『舞台効果の仕事』園田 芳龍/著(未来社)
『学校演劇の舞台美術』滝口 二郎/著(晩成書房)
『歌舞伎』ふじた あさや/文(大月書店)
『完全図解学級演劇大事典』東陽出版株式会社編集部/編著(東陽出版)
キーワード
(Keywords)
効果音
演劇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000111952解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決