このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110560
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M12052516412890
事例作成日
(Creation date)
2012/05/06登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
十二単・大原女の衣装の名称・着方について知りたい。
回答
(Answer)
『江戸衣装図鑑』(東京堂出版)に女房装束(十二単)p38-p43と小袖p20-p23の名称と着方が図示されている。
『平安朝のファッション文化』(春秋社)p66-p74に唐衣裳装束(十二単)の説明あり。              
『図解日本の装束』(新紀元社)p62-p63に女房装束姿の構成がある。各構成パーツは唐衣・裳p158-p159、小袖p166-p167、打袴p176-p177、袿p192-p193、単p194-p195に図と説明がある。
『装束図解 上』(六合館)p99-p124に文章と若干の絵で十二単の名称と着方が紹介されている。
『服装の歴史』(中央公論社)p82に女房装束姿の写真と簡単な説明あり。
『日本衣服史』(吉川弘文館)p125-128にも十二単の簡単な説明あり。
『家と女性の社会史』(日本エディタースクール出版部)p56・p59-p62に大原女の衣服について記載あり。また、『七十一番職人歌合』より取り出した大原女の絵が紹介されている。
『京都大事典』(淡交社)p155-p156に大原女の説明あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
菊池ひと美著『江戸衣装図鑑』 東京堂出版,2011,p.338 参照はp.38-43.p.20-23
鳥居本幸代著『平安朝のファッション文化』 春秋社,2003,p.191 参照はp.66-74.
池上良太著『図解日本の装束』 新紀元社,2008,p.249 参照はp.62-63.p.158-159. p.166-167. p.176-177. p.192-193. p.194-195.
関根正直著『装束図解 上』 六合館,1930,p.152 参照はp.99-124.
高田倭男著『服装の歴史』 中央公論社,1995,p.353 参照はp.82.
増田美子著『日本衣服史』 吉川弘文館,2010,p.12,412,13 参照はp.125-128.
京都橘女子大学女性歴史文化研究所編『家と女性の社会史』 日本エディタースクール出版部,1998,p.348 参照はp.56-62.
佐和隆研ほか編集『京都大事典』 淡交社,1984,p.1083,91 参照はp.155-156.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2012052516431512890
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110560解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!