このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110441
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10061206056830
事例作成日
(Creation date)
2012/04/28登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時10分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
iPS細胞のiはなぜ小文字なのか知りたい。
回答
(Answer)
資料①には、「「つまらないことですが、どうしても山中先生には確認してみたいことがあったんですよ。iPS細胞という略称にしたのは、やはりアップル社の音楽プレーヤーを意識したものだったんでしょうか?」「それはもちろんですよ」(中略)「それで、他の言い換えはないかと考えましてね。人工的に多能性を誘導した幹細胞ということで、iPS細胞はどうか、となったんです。最初の文字を小文字にしてみたら、まぁ、流行のものらしくて、ちょっと面白いですしね」」との記述がある。
資料②には、「略すとiPS。本当は覚えやすいために二文字で表したかったが、調べてみると思い浮かぶ二文字の表記はすでに他の物質に使われていた。三文字でもできるだけ二文字に近づけよう。それに音楽プレーヤーのiPodなど、流行しているものの名前にあやかって、一文字目は小文字にした。iPSには多くの人に覚えてほしいという思いが込められている。」との記述がある。
資料③には、「「i」だけ小文字にしたのは、ちょっとした遊び心だ。ちまたで流行っていたアメリカ・アップル社の携帯音楽プレーヤー「iPod」のように広く普及してほしいという願いを込めたという。」との記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
基礎医学  (491 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 田中幹人編著『iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?』日本実業出版社,2008,251p.参照はp.86-87.
資料② NHKスペシャル取材班編著『生命の未来を変えた男』文藝春秋,2011,222p,図版16p.参照はp.11.
資料③ 朝日新聞大阪本社科学医療グループ『iPS細胞とはなにか』講談社,2011,170,4p.参照はp.17.
キーワード
(Keywords)
iPS細胞
iPod
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010061206093656830
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110441解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!