このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110287
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-12-009
事例作成日
(Creation date)
2012年07月06日登録日時
(Registration date)
2012年08月23日 11時50分更新日時
(Last update)
2013年03月23日 10時42分
質問
(Question)
百合根をふかして裏ごしした後、ハチミツを混ぜて練ると飴状のものになる。咳や喘息など喉に良いそうだが、そのレシピが知りたい。
また、百合根には他にも薬効があるらしい。どんな薬効があり、どのように利用すれば良いのか知りたい。
回答
(Answer)
百合根を使って飴状にするレシピが記載されているものはなかったが、煎じて飲むと良いと記載された資料はあった。
その他の薬効については、滋養強壮、消炎、吸いだし、軽いやけどなど多種あり、それぞれ利用法も異なることがわかった。
おできなどの吸いだしには、鱗茎すりおろして酢を混ぜ患部に塗る方法が多く、小さなやけどには、瓶の中に花を入れ密封してドロドロになったものを塗るという方法が多いことがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
薬膳(498)、薬草(499)の書架を探すが発見できなかった。

『和漢薬の事典』<R499ワ>の索引でヤマユリを調べると、生薬名は百合(ビャクゴウ)であることがわかる。

『薬用植物ガイド』<R499ヤ>、『日本大百科全書23』<R031ニ>でヤマユリ、ビャクゴウを調べるが記載なし。

薬草、薬効、野草などをキーワードで検索。閉架に多数あることがわかる。
棚に行き調査したところ、百合根を使って飴状のものを作るレシピは発見できなかったが、他の薬効や利用法が記載されているは資料は発見できた。

インターネットでも検索してみたが、ヒットはなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
以前知人から聞いたことがある。
NDC
薬学  (499)
参考資料
(Reference materials)
『薬草歳時記』鈴木昶/著 青蛙房 1995.11 <499ス> (p112)
『薬草の自然療法』東城 百合子/著 池田書店 1988.10 <499ト> (p65)
『健康食品百科』西崎 統/著 ブレーン出版 1996.09 <498ニ> (p217)
『薬になる草と木424種』坪井 敏男/著 研数広文館 1991.07 <499ツ> (p530)
『健康づくりの薬草』日本交通公社 日本交通公社 1985.05 <499ヤ> (p84、p101~103)
『おいしく食べる山菜・野草』高野 昭人/監修 世界文化社 2006.04 <657オ> (p114)
『薬草百科』高木 国保/著 立風書房 1987.06 <499タ> (p61)
『原色牧野和漢薬草大圖鑑』三橋 博/旧版監修 北隆館 2002.10 <R499ケ> (p628)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000110287解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!