このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108069
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-062
事例作成日
(Creation date)
2012年03月30日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 13時13分更新日時
(Last update)
2016年07月13日 12時02分
質問
(Question)
渡辺華山の「訪■録」(■=瓦に镸)の「チョウ」(■)という文字は『新撰字鏡』では何と読んでいるのか。
(『類聚名義抄』p173では「ミカ」と読んでいる。)
回答
(Answer)
『新撰字鏡』(天治本)では、「弥加」(みか)と万葉仮名で訓読みが記されている。

確認の結果と過程を以下のとおり報告した。

1「新撰字鏡」の調査
『新撰字鏡 天治本』(京都大学文学部国語学国文学研究室編 臨川書店 1979)
p291「■」に見える文字(最終行の下から6字目)(巻第五、瓦部の中)に「弥加」とあり。 
p387目次にある「小学篇」の項があるが、巻第7に該当する字なし。
p812群書類従本 瓦部に「■」、「瓺」なし。
『新撰字鏡國語索引 天治本享和本』(京都大学文学部国語学国文学研究室編 臨川書店 1975)
p208「「弥加(みか)」に「■ 」があり、291五15オ(『新撰字鏡 天治本』291p 天治本5巻15丁表)を参照していて、
上記の『新撰字鏡 天治本』p291にある字が、「■ 」であることがわかる。

2「新撰字鏡」について調査
『日本古典文学大辞典 3』(日本古典文学大辞典編集委員会編 岩波書店 1984)
p483-484〈新撰字鏡〉の項あり。(漢数字はアラビア数字に改めて引用)
「12巻。辞書。昌住著。寛平4年(892)夏、一応3巻の草稿をまとめたが、昌泰年中(898-901)に、『玉篇』『切韻』を得て洩れた文字を補い、更に小学篇の字や本草の文字をも加えて12巻とした。昌泰の末か、おそくも延喜(901-923)の初め頃には成立したと考えられる。(内容)漢字約2万1千字を、主として偏旁によって160部門に分けて配列し、各字の音と意義とを注するほか、時には万葉仮名による和訓を加えるなどして、(後略)」
『新校群書類従解題集』(名著普及会研究開発部編 名著普及会 1983)
p730-731〈新撰字鏡〉の項あり。「稿本所収の本書は、固より抄本であって全部ではない」とある
回答プロセス
(Answering process)
記述のなかった資料は以下のとおり。
『群書類従 28 雑部』(塙保己一編纂 訂正3版 続群書類従完成会 1986)
p285-322「新撰字鏡」収録。p301「瓦部」中に「■」なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新撰字鏡 天治本』(京都大学文学部国語学国文学研究室編 臨川書店 1979)
『新撰字鏡國語索引 天治本享和本』(京都大学文学部国語学国文学研究室編 臨川書店 1975)
『日本古典文学大辞典 3』(日本古典文学大辞典編集委員会編 岩波書店 1984)
『新校群書類従解題集』(名著普及会研究開発部編 名著普及会 1983)
キーワード
(Keywords)
漢字-辞書
新撰字鏡
訪■録(ホウチョウロク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108069解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!