このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107302
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000007902
事例作成日
(Creation date)
2012/05/04登録日時
(Registration date)
2012年06月16日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年07月13日 15時38分
質問
(Question)
赤穂四十七士の一人に赤垣源蔵という人物がいるが、この人物についてわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
赤埴源蔵重賢(あかばねげんぞうしげかた)が該当(浪曲等では「赤垣」とも)。この人物についてのみ扱った資料は発見できなかったが、『忠臣蔵四十七義士全名鑑』『忠臣蔵銘々伝』などで、赤埴源蔵の人物について見ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
『国史大事典1 あ-い』(吉川弘文館)で「あかがき」を調べるが、該当の人物はなし。「あこうじけん」を見ると、赤穂四十七士一覧に「赤埴源蔵重賢」の名があり。利用者に確認したところ、「あかばねげんぞうしげかた」で、同一人物とのこと。

『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社)で「あかばね」を見ると、「赤埴源蔵」の名と略歴が載っていた。姓を「赤垣」とする説もあるとあり。

「あかがきげんぞう」「あかばねげんぞう」で所蔵資料を検索するが、役に立ちそうな資料はなし。さらに21(日本史)の所蔵資料を「忠臣蔵」で検索し、取り寄せて内容を確認した。

『忠臣蔵四十七義士全名鑑』(小池書院)『物語と史蹟をたずねて 忠臣蔵銘々伝』(成美堂出版)が、それぞれの義士について詳しいほか、『忠臣蔵夜咄』(角川書店)『堂々日本史別巻 堂々忠臣蔵』(KTC中央出版)の「義士銘々伝」などに、四十七士の人物像の簡単な解説があり、赤埴源蔵も載っている。また『歴史群像シリーズ57 元禄赤穂事件』(学研)には四十七士の肖像の折り込み付録があり、『忠臣蔵 時代を動かした男たち』(神戸新聞総合出版センター)の「四十七義士一覧」には家紋と雅号、「仮名手本忠臣蔵」での役名、辞世等が載っている。
事前調査事項
(Preliminary research)
赤垣源蔵の登場する浪曲については知っている。また『定本・忠臣蔵四十七人集』(双葉社)という、四十七士それぞれを題材にしたアンソロジーを読んでいるところである。
NDC
日本史  (210 9版)
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典』1 国史大辞典編集委員会/編 (吉川弘文館)
『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社/編 (朝日新聞社)
『忠臣蔵四十七義士全名鑑』中央義士会/監修 (小池書院)
『忠臣蔵銘々伝』尾崎 秀樹/監修 (成美堂出版)
『忠臣蔵夜咄』池宮 彰一郎/著 (角川書店)
『堂々日本史別巻』NHK取材班/編 (KTC中央出版)
『忠臣蔵』飯尾 精/著 (神戸新聞総合出版センター)
『元禄赤穂事件』 (学習研究社)
キーワード
(Keywords)
赤埴源蔵重賢(アカバネゲンゾウシゲカタ)
赤垣源蔵(アカガキゲンゾウ)
忠臣蔵
赤穂浪士
四十七士
歴史
伝記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000107302解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!