このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106950
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央035
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年06月07日 17時30分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 14時38分
質問
(Question)
江戸時代に使われていた行灯は、具体的にどのくらいの明るさであったのか知りたい。
回答
(Answer)
『大江戸生活体験事情』のなかで、行灯の明るさについて、照度計を用いて測定している。これによると、行灯の明るさはおよそ20ルックスで、60ワット電球(1000ルックス)の50分の1程度である。
また、『あかりのはなし』のなかの「明るさくらべ」(p..46-47)によれば、行灯の明るさはおよそ5ルーメン程で、「40Wの蛍光灯は、あんどんの約1500倍の光を出している」とある。
回答プロセス
(Answering process)
照明(545)の書架をブラウジングした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
電灯.照明.電熱  (545 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大江戸生活体験事情』石川 英輔/著  講談社 1999.3 (p.128-129)
『あかりのはなし 人間の知恵 7』小林 卓二/著 さ・え・ら書房 1982.4 (p.46-47)
キーワード
(Keywords)
日本-歴史-江戸時代
照明
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000106950解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!