このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104505
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2009-08161-A
事例作成日
(Creation date)
2009年08月16日登録日時
(Registration date)
2012年03月29日 13時40分更新日時
(Last update)
2012年03月29日 13時40分
質問
(Question)
①蒲郡の簡単な歴史が知りたい。②蒲郡音頭・蒲郡ふるさと音頭の作られたいきさつなどを知りたい。
回答
(Answer)
①『図説がまごおりの歴史』を提供。②蒲郡音頭については、蒲郡市博物館に問い合わせ、以下の回答をもらう。「昭和8年頃、蒲郡保勝会(現蒲郡市観光協会の前身)が主体となってレコード製作に取り掛かった結果、昭和9年12月にビクターレコードから発売された。製作された背景として、昭和2年以来、国における国際収支改善の対策として「外人客誘致問題」が取り上げられ、昭和5年4月、鉄道省外局として国際観光局が設置された。こうした動きと関連して、当時の蒲郡町においても、昭和6年10月、役場内に観光課が設立されるなど観光事業に意を注がれるようになり、昭和7年には竹島橋の架設、昭和9年には蒲郡ホテル(現蒲郡プリンスホテル)が完成している。レコード製作についても、こうした町内における観光事業の一環であるが、ご当地ソングとしては作詞を西条八十、作曲を中山晋平など音楽界の大家に依頼していることなどから町の観光化に対する機運は並々ならぬものであったことが伺える。」この情報を利用者に提供。蒲郡ふるさと音頭については『蒲郡新聞』昭和49年1月1日号に「蒲郡ふるさと音頭完成」の記事あり。また『広報がまごおり』昭和49年5月下旬号に記事あり。こちらを提供。
回答プロセス
(Answering process)
①蒲郡の歴史について簡単なものとのことだったので、小中学校の副教本『図説がまごおりの歴史』を提供。②1.ソノシート、レコードを所蔵しているのでそちらで作詞・作曲・発売者などを確認。蒲郡音頭のみCDもあるので、こちらを貸出。2.蒲郡観光協会に問い合わせてみるがわからず。3.『蒲郡市誌』、『蒲郡市三十年史』、『蒲郡市史 本文編4』、『蒲郡20世紀のあゆみ』にも記載なし。4.西宝民報(蒲郡新聞前身)、蒲郡新聞、広報がまごおりの古いものを見ると、蒲郡ふるさと音頭については昭和49年の記事を発見。こちらを提供。5.蒲郡音頭についてはCDの表記より昭和初期に作られたものとわかる。そのころは市制をしかれる前だったので『蒲郡町誌』を見てみるが、記載なし。6.蒲郡市博物館に問い合わせ回答をもらった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図説がまごおりの歴史』蒲郡市教育委員会,2008
『蒲郡音頭/観光蒲郡の歌』日本コロムビア,1950
『蒲郡ふるさと音頭/蒲郡市民の歌』テイチクレコード,1974
『蒲郡市誌』蒲郡市,1974
『蒲郡市三十年史』蒲郡市,1984
『蒲郡市史 本文編4』蒲郡市,2006
『蒲郡20世紀のあゆみ』芦川訓雄,2001
『西宝民報』昭和27年~昭和50年
『広報がまごおり』昭和34年~昭和50年
『蒲郡町誌』名著出版,1973
『蒲郡音頭/大好きな風景』蒲郡市,1990
キーワード
(Keywords)
蒲郡音頭
蒲郡ふるさと音頭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104505解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!