このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104065
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2012口頭0303
事例作成日
(Creation date)
20120213登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年03月22日 02時01分
質問
(Question)
熱中症の発生状況について調べています。
回答
(Answer)
熱中症の発生状況を調べる資料としては、以下のようなものがあります。(【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。NDL-OPACでお調べください。)

1.全般
●「熱中症情報」( http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html )(消防庁)
平成20年度以降の熱中症による救急搬送の状況を掲載しています。都道府県別、日別、年齢区分別、初診時傷病程度(軽症、中等症、重症、死亡)別のデータ等が収載されています。

●「人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移) 平成22年」( http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii10/index.html )(厚生労働省)
「平成22年の熱中症による死亡者数」を掲載しています。発生場所別、男女別、年齢階級別、都道府県別の死亡者数等のデータが収載されています。また、平成23年のデータについては、「人口動態統計月報(概数)(平成23年9月分)」( http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/m2011/09.html )に「6~9月の熱中症による死亡者数」を収録しており、その概数を知ることができます。

●「熱中症患者速報」( http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/spot/index.html )(国立環境研究所)
主要都市における熱中症患者数を、気象データとともに公開しています。データは都市により異なりますが、最大平成16年度までさかのぼることができます。過去のデータについては、各年度ごとに全国および都市別に詳細な分析がなされており、男女別・年齢階級別患者数、重症度(軽症、中等症、重症、重篤、死亡)別患者数、発生場所別患者数が掲載されています。

3年に一度の刊行となりますが、次のような資料もあります。
●『患者数の動向と疫学』(シード・プランニング 3年に1回刊)
『患者調査』(厚生労働省大臣官房統計情報部 3年に1回刊 【Z41-842】)等をもとに、患者数の動向をとりまとめた資料です。熱中症関連では、平成22年版の「第5巻 57.その他及び詳細不明の外因の作用」に「熱射病および日射病」、「熱および光線のその他の作用」の推計患者数・総患者数(出典:患者調査)、「熱及び光線の作用」の平成9年以降における男女別の死亡数(出典:人口動態統計)を掲載しています。

2.職場における発生状況
●「熱中症による死亡災害発生状況」( http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei16/index_list.html )(厚生労働省)
職場における熱中症による死亡者数について、過去10年間の推移を掲載するほか、業種別、月・時間帯別等のデータも収録されています。各事例の概要も収載しています。平成18年版以降を見ることができます。

3.学校における発生状況
●『学校の管理下の災害 : 基本統計 : 負傷・疾病の概況』(日本スポーツ振興センター)
学校の管理下において発生した児童生徒等の災害の実態がまとめられています。平成23年刊行版では、帳票14に、学校種類別、学年別、男女別の日射病、熱射病の発生件数を掲載しています。平成22年刊行版までは隔年で、それ以降は毎年刊行されています。日本スポーツ振興センターHP( http://naash.go.jp/anzen/anzen_school/anzenjouhou/jirei_toukei/tabid/284/Default.aspx )で、全文を見ることができます。

●『学校の管理下の死亡・障害事例と事故防止の留意点』(日本スポーツ振興センター学校安全部 年刊 【Z41-2850】)
学校の管理下で発生した児童生徒等の事故・災害事例を収録した資料です。平成22年版の特集として「熱中症予防」が取り上げられており、平成21年度の学校種類別、場合(課外指導、学校行事等)別、場所別、被災月別、被災時刻別の熱中症発生件数のほか、事例も紹介されています。日本スポーツ振興センターHP( http://naash.go.jp/anzen/anzen_school/anzenjouhou/jirei_toukei/jirei/tabid/1152/Default.aspx )で、全文を見ることができます。

●「学校の管理下における熱中症死亡事例の発生傾向」( http://naash.go.jp/anzen/anzen_school/anzenjouhou/taisaku/nettyuusyo//tabid/846/Default.aspx )(日本スポーツ振興センター)
場合(部活動、学校行事等)別・スポーツ種目別、学年・男女別、月別の熱中症死亡事例の発生件数(昭和50年~平成22年の累計)等を掲載しています。

インターネット最終アクセス日は平成24年2月13日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
熱中症
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000104065解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!