このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103300
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20111002020
事例作成日
(Creation date)
2009/09/20登録日時
(Registration date)
2012年03月08日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月08日 02時00分
質問
(Question)
チョムスキーのモニターモデルの概念が載っている本はあるか。
回答
(Answer)
モニターモデルの概念はチョムスキーではなく、クラッシェン(krashen, S.D)であると思われる。『現代言語学辞典』の人名索引でKrashen S.Dを引くと、Natural Approach<自然学習法>という、第二外国語習得の学習理論の中にある仮説(モニター仮説)として説明が載せられていた。
回答プロセス
(Answering process)
googleで検索すると、チョムスキーではなく、クラッシェン(krashen, S.D)であるとの情報が得られ、本人も訂正した。
改めて、言語学の辞典をあたった。
『オックスフォード言語学辞典』には記載がなかった。『現代言語学辞典』の人名索引でKrashen S.Dを引くと、Natural Approach<自然学習法>という、第二外国語習得の学習理論の中にある仮説(モニター仮説)として説明が載せられていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
オックスフォード言語学辞典 Peter Hugoe Matthews/著 朝倉書店 2009.2 803.3 978-4-254-51030-0
現代言語学辞典 田中春美/[ほか]編集 成美堂 1988.2 803.3 4-7919-6501-9
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000103300解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!