このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000100927
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央021
事例作成日
(Creation date)
2012年02月01日登録日時
(Registration date)
2012年02月01日 11時09分更新日時
(Last update)
2012年02月28日 18時24分
質問
(Question)
「三本締め」、「一本締め」、「一丁締め」のやり方と使い分けについて知りたい。
回答
(Answer)
すべてのことが完了した場合など、3.3.3.1の手打ちを3回行うのが正式な三本締め。宴会の中締めなどで行う一本締めは3.3.3.1の手打ちを1回行う。ただし、最近は時間がない場合など、略式に手を1回だけ叩いて終わる場合も多い。これは正式には一丁締めという。一本締めと一丁締めとを混同しやすいので、音頭を取る人は、「いよぉー、ぽん、の一丁締めでお願いします。」などと述べるのが良い。
回答プロセス
(Answering process)
[1]『必携!ビジネスマナー』(西東社)
「三本締めのしかた」について解説あり。そのなかで、「一本締めは、3、3、3、1の手打ちを1回だけすることだが、最近では「いよーぉ」の後に1回だけ手を打つこととして通っていることも多い。これは正式には一丁締めという」とある。(p.138)

[2]『見てわかる基本のビジネスマナー』(西東社)
「三本締めのやり方」の解説あり。そのなかで、「一本締めは3、3、3、1の手打ちを1回行う。ただし、最近は手を1回だけ叩いて終わる場合も多い。これは正式には一丁締めという。」とある。(p.140)

[3]『司会進行コツと実例集』(西東社)
「手締めの名称と種類」(p.89)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経営管理  (336 9版)
言語生活  (809 9版)
参考資料
(Reference materials)
『必携!ビジネスマナー』阿部 開道/著 西東社 2002.8 (p.138-139)
『見てわかる基本のビジネスマナー』相部 博子/監修 西東社 2004.5 (p.140)
『司会進行コツと実例集 CD付きだからよくわかる』小林 昭彦/監修 西東社 2006.6 (p.89)
キーワード
(Keywords)
一本締め
三本締め
一丁締め
ビジネスマナー
司会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000100927解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!