このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000100500
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
97-D-29
事例作成日
(Creation date)
2012年01月25日登録日時
(Registration date)
2012年01月25日 11時58分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 13時54分
質問
(Question)
南予地方で、会話の末尾につける方言「・・・ライ」の用法や効果などについて知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】を調べると、宇和方言は終助詞としてライ、ナハル(ナル)、ナーシ(ナシ)サイ、を使用するとの記載があった。
【資料2】には、藤原与一『方言文末詞<文末助詞>の研究』から次のように引用されたいる。 
 “「ワイ」「ライ」は、会話で盛んに使われる言葉である。(略)「ワイ」は「私」の「ワイ」から生まれた言葉で、これが私の言いたいことです、ということになる。己を言いたてているが、押しつけるものではない。聞き手に呼びかける対他性が強くないため、詠嘆表現に近い表現になることもある。「ライ」は、たとえば「ある+ワイ」「~まする+ワイ」「~でする+ワイ」がそれぞれ「アラ イ」「~マスラ イ」「~デスラ イ」となり、独立した語であるかのように意識されるものである。”
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『愛媛県史 民俗・下』 愛媛県史編さん委員会/編集 愛媛県 1984年 <請求記号:K200 /31>
【資料2】 『愛媛県風土記』 :松友孟[ほか]監修 旺文社 1991年 <請求記号:K290 /82>
キーワード
(Keywords)
方言(南予地方) ほうげん(なんよちほう)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
事例出典『郷土資料に関する調査・相談事例集』 愛媛県図書館協会・愛媛県立図書館/編集 愛媛県立図書館 1997年
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000100500解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!