このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099450
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000400
事例作成日
(Creation date)
2011/11/01登録日時
(Registration date)
2012年01月07日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年01月13日 02時00分
質問
(Question)
パパイヤが明治期に中国(もしくは台湾)から日本に導入されたと聞いているが、事実か文献で確かめたい。
回答
(Answer)
『沖縄大百科事典 下巻』(沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)
 p243 「パパイヤ」の項によると、沖縄で栽培されている品種はハワイ、フィリピン、タイ、ブラジル、台湾系などがあるという。

『新沖縄文学37号』(沖縄タイムス社、1977年)
 p89 「黒岩恒 -沖縄自然界の学問的開拓者-」(天野鉄夫)の項に、「明治39年10月台湾から相思樹、黄麻、パパイヤ…を導入した」とある。

『上勢頭誌 上巻』(上勢頭誌編集委員会、旧字上勢頭郷友会、1997年)
p187 「1906年(明治39年)、黒岩恒氏によって台湾から導入されたという。それ以前のことは不詳」とある。

『熱帯果実と樹木作物』(岸本修、養賢堂、1996年)
 p24 「日本の熱帯果樹・樹木作物の現状」の項によると、「多くの熱帯果樹・樹木作物は明治中期以降に導入された。」と記されている。
 p25-26 表2.1 「日本へ導入された主要な熱帯果実・樹木作物類」によると、パパイヤの「導入年代」は「1903(明治36)年」とある。
 p36 「パパイア」の項には、「南メキシコ・コスタリカなど熱帯アメリカの原産である。日本へは明治中期に導入されて、鹿児島県の奄美大島、沖縄、小笠原では家庭果樹として、生食のほか漬け物に加工されて重宝がられている」との説明がある。

『おきなわ緑と生活 1989年2月号(第94号)』(緑と生活社、新報出版、2003年)
 p64に、「沖縄には明治後期にハワイから導入され…」とある。

『“パパヤ” その秘められた味』(琉球大学家政学科食物サークル、出版年不詳)
 「はじめに」の項に、「明治38年に現在、在来種とよばれている品種がハワイより導入」とある。

以上の資料には明治期に導入されたとあるが、下記の資料では1719年以前としている。

『パパイア 平成15年度版』(沖縄県農業後継者育成基金協会、2003年)
 p1 「どんな果樹か」の項に、「日本へは明治28年(1895)に初めて紹介されたと言われているが、沖縄へはそれよりずっと以前、今から280年以前に、すでに導入されていたと推測される」と記述がある。
 p3-5 「栽培小史と栽培状況」の項にパパイアの分布について書かれている。
 「パパイアの原産地は、地域は特定されていないが、メキシコ、西インド諸島、ブラジル等の熱帯アメリカとされている。・・・17世紀から18世紀には、熱帯のあらゆる地域に急速に広がり、栽培されていった。・・・パパイアは、沖縄では古くから栽培されていたが、いつ、どこから伝来したかは特定できていない。1719年、冊封使“海宝”の副使として来琉した“徐葆光”の復命書にパパイアが栽培されていたという記述から、少なくとも1719年以前に伝来したものと推測している。それではどこから入ってきたであろうか。琉球が明国の太祖洪武帝の求めに応じて入貢し、1371年から始まった中国との公貿易は、その後500年も続いている。このことから中国の福建省とするのが最も可能性が高いだろう。・・・しかし、東南アジアとの私貿易も15世紀から16世紀にかけて、シャム、マラッカ、ジャワ、安南など広い範囲で、活発であったことからすると、東南アジアからの伝来もまったく否定はできない。」と記載がある。
 p4に、図3「原産地から世界の熱帯、亜熱帯各地へ」で、導入された経緯が図説で紹介されている。


回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 下 ナ?ン 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/3 243

2 新沖縄文学 第37号 沖縄タイムス社∥編 沖縄タイムス社 1977.12 K90/SH67/37 89

3 上勢頭誌 上巻 上勢頭誌編集委員会∥編 旧字上勢頭郷友会 1997.5 K22/KA38/1 187

4 熱帯果樹と樹木作物 岸本 修 石畑 清武∥共編 養賢堂 1996.5 K62/KI58/ 24-26、36

5 おきなわ緑と生活 1989年2月号(第94号) 緑と生活社∥編 新報出版 1989.2 K62/O52/94 64

6 “パパヤ” その秘められた味 琉球大学家政学科食物サークル∥編 [琉球大学家政学科食物サークル] AK59/R98/ はじめに

7 パパイア 平成15年度版 沖縄県農業後継者育成基金協会∥[編] 沖縄県農業後継者育成基金協会 [2003] K62/O52/ 1-5
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000099450解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!