このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098818
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2008-05-009
事例作成日
(Creation date)
2008年05月28日登録日時
(Registration date)
2011年12月22日 10時46分更新日時
(Last update)
2012年03月29日 17時54分
質問
(Question)
次の詩のタイトルと作者が知りたい。
「朝日が訪れる時 何処か遠い所で 眩いばかりの 重い書物の一頁が そよ風のように音もなく 開かれていく」
回答
(Answer)
作者は「室生犀星」。詩のタイトルは「朝日をよめる歌」で、この部分は詩の「その十」にあたる。
正しくは、「朝日がおとづれるときに 何處か遠いところで 眩ゆいばかりの重い書物の一頁が そよかぜのやうに音もなく 開かれて行く。」
ちなみに、「朝日をよめる歌」は、詩集『鶴』に収録されている詩であり、全部で「その三十九」まであるが、【資料1】はその一部、【資料2・3】については全ての掲載がある。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 質問者によると、雑誌『母の友』(巻号不明、おそらく06年5月~07年5月くらい)の「本の紹介コーナー」で、ある大学教員の本が紹介されており、その本の中で、この詩が紹介されていたのを見たとのこと。

(2) 本人の記憶より、室生犀星の詩である可能性があることから、参考資料【資料5】で室生犀星の詩のタイトルを確認しながら、室生犀星の詩集にあたり内容を確認。→詩のタイトル判明。

(3) 自館OPACや〔リサーチ・ナビ〕 http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ (最終確認2012/3/29)で「室生犀星」+「鶴」もしくは「朝日をよめる歌」で検索。

以下は調査済資料。
・『室生犀星詩集 室生犀星自選 岩波文庫』 (岩波書店,1983)
・『室生犀星事典』 (鼎書房,2008)
・『室生犀星 日本の詩』 (ほるぷ出版,1975)

<参考として>
〔Wikipedia:室生犀星〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E7%94%9F%E7%8A%80%E6%98%9F (最終確認2012/3/29)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『室生犀星詩集 現代詩文庫』 室生 犀星/著, 思潮社,1989.2 (p69~70「朝日をよめる歌(抄)」 911.5/ゲ/1035  )
【資料2】 『室生犀星全集 第4巻』 室生犀星,新潮社,1976 (p31~37「朝日をよめる歌」 書庫918.6/0179/4
)
【資料3】 『現代日本詩人全集 第3巻 全詩集大成』 東京創元社,1955 (p221~224「朝日をよめる歌」 書庫911.5/ゲ/3
)
【資料4】 『現代日本文学綜覧シリーズ 22[下] 詩歌全集・作家名綜覧』 日外アソシエーツ株式会社/編集,日外アソシエーツ,1999.12 ※貸出禁止資料 (p1086~1102「室生犀星」 R910.2/ゲ/22-2 )
キーワード
(Keywords)
室生犀星
朝日をよめる歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000098818解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決