このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000097513
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2010-05-008
事例作成日
(Creation date)
2010年5月29日登録日時
(Registration date)
2011年12月08日 14時12分更新日時
(Last update)
2012年02月21日 10時32分
質問
(Question)
「章簡父」について、人物情報、名前の読み方が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、「章簡父」について調査した結果、記述のあった以下の資料を紹介。名前の読みは「しょうかんふ」。
資料1:「墨池堂選帖」を刻した「章藻」について書かれており、「章藻(字は仲玉)は摹勒の名手章文(1491~1572年。字は簡父・簡甫、号は篔谷。江蘇省蘇州の人)の子」とある。
資料2:「章簡父(しょうかんふ)」の項目があり、「明代中期の法帖の刻者。名は文。字の簡父で一般に呼ばれている。長洲(江蘇省)の人。鐫刻(せんこく)の名手として知られ、(中略)『墨池堂帖』を刻した章藻は、簡父の子である」との記述がある。※ここでの「簡」の字は、門構えの中が“日”ではなく“月”になっている
資料3:『真賞斎帖』の刻者として「章簡父」の名前があるのみ。
回答プロセス
(Answering process)
聞き取りで、書道関係の碑文を作成した人との情報から、書道関係の参考資料、書法史に関する資料にあたり内容を調査。

<参考として>
〔Wikipedia:集帖〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%B8%96 (最終確認2012/2/21)
『真賞斎帖』(しんしょうさいじょう)・・・章簡父が刻し、紙墨も精良で、明代第一の法帖との評価もある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『中国書道文化辞典』 西林 昭一/著,柳原出版,2009.6 ※貸出禁止資料 (R728.2/ニ09/ p849「墨池堂選帖」

R728.2/ニ09/)
【資料2】 『書学大系 研究篇 3 書人小伝』 同朋舎出版,1989 (p102「章簡父」 728.2/シ/3)
【資料3】 『中国書法史を学ぶ人のために』 杉村 邦彦/編,世界思想社,2002.9 (p306 728.2/チ02/
)
キーワード
(Keywords)
章簡父(しょうかんふ)
章文
簡甫
篔谷
法帖
真賞斎帖
鐫刻
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000097513解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!