このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096101
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-815
事例作成日
(Creation date)
2011年10月30日登録日時
(Registration date)
2011年10月30日 18時40分更新日時
(Last update)
2011年10月30日 18時40分
質問
(Question)
ヘルメットが、どのくらい落下物の衝撃を和らげるのか知りたい。(「災害時に落下物があった時、防災ずきんよりヘルメットの方が役立つ」という根拠に使いたい)
回答
(Answer)
参考になりそうな資料
①『地震から子どもを守る50の方法』(国崎信江/ブロンズ新社/2005)
→具体的な数値はないが、防災ずきんとヘルメットについて比較している箇所あり。
②『保護具ハンドブック』(日本保安用品協会/中央労働災害防止協会/2007)
→第1章に「保護帽」の記載あり。
③「頭部衝撃試験機による頭部保護帽の衝撃吸収性能」(小山憲路/日本職業・災害医学会会誌55(2),69-73,2007-03)
→医中誌Webで閲覧できるようだが、当館は加入していないためアクセス不可。
 もしかしたら「日本職業・災害医学会」のサイト( http://www.jsomt.jp/index.html )で
 公開されているのでは?と思いアクセス。
→サイト内「電子ジャーナル」にてオープンアクセス化されているのを確認。(最終アクセス2011.10.25)
回答プロセス
(Answering process)
①自館OPACで「ヘルメット」をタイトル検索。
→『地震から子どもを守る50の方法』(国崎信江/ブロンズ新社/2005)
 具体的な数値はないが、防災ずきんとヘルメットについて比較している箇所あり。

②ウェブ上の情報からヘルメットは「保護具」に分類されるということを知り、
 改めて自館OPACで「保護具」をタイトル検索。
→『保護具ハンドブック』(日本保安用品協会/中央労働災害防止協会/2007)
 第1章に「保護帽」の記載あり。

専門的な内容なので、論文にあたった方がよいと判断し、CiNiiで検索。
キーワード「保護帽」で論文検索。
→「頭部衝撃試験機による頭部保護帽の衝撃吸収性能」(小山憲路/日本職業・災害医学会会誌55(2),69-73,2007-03)がヒット。
→医中誌Webで閲覧できるようだが、当館は加入していないためアクセス不可。
 もしかしたら「日本職業・災害医学会」のサイト( http://www.jsomt.jp/index.html )で
 公開されているのでは?と思いアクセス。
→サイト内「電子ジャーナル」にてオープンアクセス化されているのを確認。(最終アクセス2011.10.25)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 8版)
工業.工業経済  (509 8版)
参考資料
(Reference materials)
『地震から子どもを守る50の方法』(国崎信江/ブロンズ新社/2005)
『保護具ハンドブック』(日本保安用品協会/中央労働災害防止協会/2007)
キーワード
(Keywords)
ヘルメット(保護帽)
保護具
災害予防
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般女性
登録番号
(Registration number)
1000096101解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter


レファ協とは?

図書館員等の方へ

おすすめデータ

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ