このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090901
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20110816
事例作成日
(Creation date)
2011年08月16日登録日時
(Registration date)
2011年09月08日 11時02分更新日時
(Last update)
2011年09月13日 11時18分
質問
(Question)
森鴎外著『高瀬舟』の中で、遠島になる罪人が銅銭200文をもらう掟があったとあるが、200文というのは、いまでいうとどのくらいの金額なのか。
回答
(Answer)
200文は、4,000~5,000円程度。
回答プロセス
(Answering process)
1.『高瀬舟』で該当の時代を確認する。
→「白河楽翁候が政柄を執っていた寛政の頃」とあるため江戸時代の1787~1793年頃

2.自館OPACで「江戸」「貨幣」「もののねだん」等のキーワードで所蔵資料の検索し、開架をブラウジング
  『江戸の卵は1個400円』p.15より文化文政年間との比較として
  1文≒20円 1両≒128,000円 1分≒32,000円 1朱≒8,000円 銀1匁≒2,000円
  『江戸時代のすべてがわかる本』p36より江戸中期以降との比較として
金1両≒10万円 金1分≒2万5千円 銭1文≒25円 銀1匁≒1,660円
  『江戸の物価事典』(小野武雄著 展望社 1998)は、現在の価格に換算していなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 8版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸の卵は1個400円』丸田勲/著 光文社 2011 ISBN: 4-334-03617-1 (当館資料コード:2012374159 請求記号:337.8/マルタ)
『江戸時代のすべてがわかる本』大石学/編著 ナツメ社 2009 ISBN:4-8163-4737-2 (当館資料コード:1015464223 請求記号:210.5/エトシ)
『ちくま日本文学』17巻 筑摩書房 2008 ISBN:4-480-42517-9 (当館資料コード:1015261587 請求記号:918.6/チクマ/17)
キーワード
(Keywords)
高瀬舟
物価
貨幣価値
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000090901解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!