このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000090195
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1427
事例作成日
(Creation date)
2011/01/07登録日時
(Registration date)
2011年08月19日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月21日 11時22分
質問
(Question)
横浜の相鉄線平沼橋駅付近のガスタンクについて調べている。昭和26年ごろのガスタンクの形状を確認したいので、
相鉄や当時の国鉄、帷子川など周辺も写った写真が見たい。
東京ガスに問い合わせたところ、現在のものが設置されたのは昭和35年10月とのことだった。
回答
(Answer)
残念ながら、ご希望の資料を探すことはできませんでした。
以下、調査過程と参考資料をご紹介いたします。

1 横浜市立図書館デジタルアーカイブ「都市横浜の記憶」
  ( http://memories.lib.city.yokohama.jp/cats/index.html )で検索しました。
  『横浜西区史』区制50周年記念 横浜西区史編集委員会/編 横浜西区史刊行委員会 1995年
  p.205に横浜市瓦斯局平沼製造所全景の写真がありますが、ここに写っているガスタンクは
  球形ではなく円筒状です。(写真の年代不明)

2 『横浜市史 Ⅱ 第一巻(下)』横浜市総務局市史編集室編 横浜市 1996年
  p.125-128に「市営ガス事業の発展と限界」があり、市営のガス事業が1944年に瓦斯局が廃止
  され、東京瓦斯との共同出資により横浜瓦斯株式会社が設立され、1945年に横浜瓦斯は東京瓦
  斯に合併され、横浜支社が設置されたとあります。ガスタンクの写真はありません。

3 「横浜市瓦斯局平沼製造所」をインターネットで検索しました。
  PDF「社有地の土壌調査結果と対策の実施について 東京ガス株式会社平成13年9月26日」
 
  1.場所 神奈川県横浜市西区西平沼町 5-55
  2.面積 31,773 ㎡(約 3.2ha)
  3.履歴当用地は、明治 42 年に当時の横浜市瓦斯局平沼製造所として操業を開始し、
   昭和 19 年までの約 35 年間、石炭を原料としたガスの製造工場として稼動しておりました。
   昭和 19 年にガスの製造を停止し、同年中に弊社と合併しました。以後は供給設備用事業所
   用地等として利用しております

  この住所はgoogle Mapで検索すると現在の場所と一致します。
   http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF-8&tab=wl

4 横浜市建築局都市計画課の三千分一地形図のページ
   http://www.city.yokohama.jp/me/machi/kikaku/cityplan/gis/3000-es.html

  昭和27年第31号西戸部の地図を見ると、ガスタンクらしきものが描かれていますが、形状までは
  わかりません。(●で記載)
  地図上には東京瓦斯株式会社横浜支社と記載があります。

5 『横浜市航空写真[昭和22~23年]2 横浜中部』[1947] 財団法人 日本地図センター
  昭和26年より3年ほど前の時期の写真。航空写真のため、はっきりしませんが、ガスタンクは円
  筒形に見えます。  (34、68-A-6)

6 『日本都市ガス産業史』 社団法人日本ガス協会編 社団法人日本ガス協会 1997年
  p.126~127 日本初の球形ガスホルダーの建設
  「球形ガスホルダーは昭和31年(1956)、アメリカから技術を導入して、東京・世田谷の東京ガス
  世田谷整圧所に10万リッポウメートルが2基、建設されたのが初めてである。」と記述があります。
  (国産は同年5月東部ガスが秋田に設置)

7 小津安二郎の映画関係資料
  質問者から、小津安二郎の映画『麦秋』〔昭和26年〕で、平沼橋付近のまるいガスタンクが映っていた筈
  との情報がありましたので、小津安二郎関係の資料を調査いたしました。
  『小津安二郎作品集4』 井上和男/編集 立風書房 1984年
   脚本には特に車窓の風景の説明はありません。
  『小津安二郎をたどる東京・鎌倉散歩』貴田庄/著 青春出版社 2003年
   「横浜へ足をのばす」という記述がありますが、中華街のエリアだけでした。

8 東京ガス社史
  『東京ガス百年史』(東京ガス 1986年)、『東京瓦斯九十年史』(東京瓦斯 1976年)、
  『東京瓦斯五十年史』(ゆまに書房 1999年)では確認できませんでした。

  インターネットサイト「東京ガス : GAS MUSEUM ガスミュージアム / 調べてみよう」に
    http://www.gasmuseum.jp/kodomo/sirabete0709.html
  「ガスホルダーが今のような丸い形になったのは、昭和31(1956)年6月、東京ガスの世田谷
  整圧所に2基設置されたものが始まりでした。」との記述があります。

9 その他
  当時のガスタンクの形状は確認できませんでしたが、現代のものであれば『ひらぬま 創立九十周年記念』
  (横浜市立平沼小学校 1996年)の巻頭に「屋上から見たまわりのようす」という見開きの写真があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 8版)
燃料.爆発物  (575 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000090195解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!