このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088371
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-038
事例作成日
(Creation date)
2011/04/21登録日時
(Registration date)
2011年07月12日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年07月26日 13時48分
質問
(Question)
『甲斐叢書』に収録されている武田信玄の100回忌に参集した人の名簿が見たい。
回答
(Answer)
該当の資料は「恵林寺奉加帳」あるいは「信玄公百回忌奉加帳」と思われるが、『甲斐叢書』には収録されておらず、他の資料での収録も見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
指定資料および県立図書館所蔵の「恵林寺」に関連する資料を調査する。
『甲斐叢書 8』(甲斐叢書刊行会編 第一書房 1974) 
百周忌の記録はなし。p594-「天正玄公仏事法語」の収録あり。
『武田氏の研究(戦国大名論集10)』(秋沢繁〔ほか〕編 吉川弘文館 1984)
百周忌の記録はなし。

『角川日本地名大辞典 19 山梨県』(角川書店 1984)
p176-178〈えりんじ 恵林寺〉の項に下記の記述あり。
「寺蔵の「信玄公百回忌奉加帳」には、大名の土屋・内藤・真田・諏訪・米倉氏をはじめ旗本諸氏、甲府宰相や館林宰相の幕下、尾張・紀伊・水戸家臣ら592名が名を連ねている。」

『山梨百科事典』(山梨日日新聞社編集 山梨日日新聞社 1989)
p504〈信玄廟所〉に「寛文年中住持荊山和尚が武田旧縁の諸侯、旗本諸士に奉加を求め、1672(寛文12)年4月12日、信玄百回遠忌に当たり、霊域に両塔を再建したものであるという。」とあり。

恵林寺内にある宝物館企画展「甲斐国主―柳沢吉保・吉里」(2008年4月からの企画展)  
《財団法人信玄公宝物館の「企画展」》( http://shingen.iooo.jp/special/2008_02.html  2011/05/10最終確認)
展示物の中に、「恵林寺奉加帳(寛文12年)」あり。

以上の情報より、百回忌に賛助した人物の名簿は、恵林寺所蔵の「恵林寺奉加帳」もしくは「信玄公百回忌奉加帳」と題する史料に掲載されているものと思われる。

《東京大学史料編纂所データベース》を〈奉加帳〉で検索する。
《所蔵史料目録データベース》より
「武田信玄公霊殿建立資助牒之写[恵林寺] 内題 奉加帳(寛文元年8月)」あり。

〈恵林寺〉をキーワードに調査する。
《大日本史料総合データベース》より
『大日本史料 10-15 正親町天皇』(東京大学史料編纂所編纂 東京大学出版会 1988)
p189「恵林寺旧記」に「恵林寺殿機山玄公大居士百年忌拈香俚語」あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『甲斐叢書 8』(甲斐叢書刊行会編 第一書房 1974)
『角川日本地名大辞典 19 山梨県』(角川書店 1984)
『山梨百科事典 』(山梨日日新聞社編集 山梨日日新聞社 1989)
キーワード
(Keywords)
武田 信玄 (タケダ シンゲン)(1521-1573)
恵林寺 (塩山市)
山梨県-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000088371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!