このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000080895
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2008-05-004
事例作成日
(Creation date)
2008年05月08日登録日時
(Registration date)
2011年02月27日 14時21分更新日時
(Last update)
2011年03月12日 11時20分
質問
(Question)
消防設備についての本、「竜吐水」について書いてあるものがみたい。
回答
(Answer)
 当館所蔵資料より以下を紹介。
資料1:p91に、「オランダ人の手を経て宝暦4年(1753)に長崎で竜吐水(木製腕用ポンプ)が製造され、明和3年に江戸で始めて使用された」として1枚の図がある。
p138では、「防火方法に一大変革をもたらしたのは、明和元年(1615年)曲輪附近の十三ヶ組に竜吐水を渡しつけたことである。これは享保3年長崎人某がオランダ人の指導によって発明したもので、(中略)後更に改良して雲竜水(木製腕用ポンプ)が製造され、明治まで使用された」との記述あり。
資料2:「江戸時代の火消の装備として良く知られている」ものとして、竜吐水について記述がある。

<2011/2/27追記>
※(類似事例・レファレンス協同データベース)
・「江戸時代の消防器具「龍吐水(竜吐水)」について書かれた本はないか。
(大阪府立中央図書館:OSPR10090028)」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000077554 (最終確認2011/2/27)

資料7:火消の道具として、竜吐水がどのように使用されていたか、その歴史的経緯についての記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1)「竜吐水」をインターネットで検索してみると、江戸時代のものと判明。
〔Wikipedia:竜吐水〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E5%90%90%E6%B0%B4 (最終確認2011/2/27)
より、「竜吐水(りゅうどすい)とは、江戸時代から明治時代にかけて用いられた消火道具(火消しの道具)」とある。

【資料3~6】調査済資料(いずれも消防設備についての記述はある)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 8版)
建築設備.設備工学  (528 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『消防大鑑』 日本消防協会/編纂,日本消防協会,1963 (p91「消防の歴史 図」、p136~142「わが国における消防発達史」 書庫317.7/ニ61/
)
【資料2】 『町火消たちの近代 東京の消防史』 鈴木 淳/著,吉川弘文館,1999.11 (p28~30「竜吐水」 317.7/ス99/
)
【資料3】 『図解よくわかる消防設備』 防災研究会AFRI/編著,日本実業出版社,2006.4 (528.6/ズ06/
)
【資料4】 『イラストでわかる防災・消防設備の技術』 中井 多喜雄/著,学芸出版社,1993.3 (書庫528.6/ナ93/
)
【資料5】 『消防設備実務読本』 永塚襄/著,オーム社, 1976 (書庫528/0021/ )
【資料6】 『闘う男たちの仕事レスキュー&消防隊』 宝島社 
,2005.6 (317.7/タ05/
)
【資料7】 『江戸の火事と火消』 山本 純美/著,河出書房新社,1993.3 (p111~114「竜吐水」 書庫210.5/ヤ93/ )
キーワード
(Keywords)
竜吐水(りゅうどすい)(りゅうとすい)
消火
ポンプ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000080895解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決