このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077290
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2010-048
事例作成日
(Creation date)
2010年03月18日登録日時
(Registration date)
2011年01月28日 11時30分更新日時
(Last update)
2011年03月25日 16時10分
質問
(Question)
司馬遼太郎の著作で、「三河一向一揆史」という作品はありますか?
回答
(Answer)
司馬遼太郎というペンネームを使用する前の福田定一名義の作品に「正法の旗をかかげて-ものがたり戦国三河門徒」(雑誌『ブディスト・マガジン』(昭和26年6月号~9月号)に連載)があり、これが後に『三河一向一揆史』(法文堂)として出版されたとする記述が『司馬遼太郎の風音』にありますが、『三河一向一揆史』の存在は確認されていないようです。
回答プロセス
(Answering process)
(1)まず当館OPACで「三河一向一揆史」と検索しましたが所蔵はありませんでした。その後国立国会図書館NDL-OPACや総合目録ネットワーク、WebcatPlusなどでも検索してみましたが見つかりませんでした。そこでGoogleブックスの書籍の検索で「三河一向一揆史 司馬遼太郎」と検索すると、『司馬遼太郎の風音』や『司馬遼太郎事典』に「三河一向一揆史」に関する記述があることがわかりました。

(2)『司馬遼太郎の風音』を確認してみると、雑誌『ブディスト・マガジン』に連載した「正法の旗をかかげて―ものがたり戦国三河門徒」の“完結後、『三河一向一揆史』(法文堂)を処女出版しているが、絶版なので、入手できず、読めないのが残念だ。”とあるほか、『ユーモア作家クラブ 会員名鑑 ユーモア手帳5・特殊』に司馬遼太郎による入会のための自己紹介の一文があり、その中に“『三河一向一揆史』『加賀一揆始末』(いずれも法文堂)をアラワス”と書かれていることが紹介されていました。また、『司馬遼太郎事典』では「正法の旗をかかげて-ものがたり戦国三河門徒」について“単行本全集収録なし”とされており、さらに『三河一向一揆史』・『加賀一揆始末』について“二作の存在については司馬遼太郎記念館でも確認されていない”とありました。

(3)なお、『司馬遼太郎書誌研究文献目録』の著作目録に“「三河一向一揆顛末」〔初出〕出版社・出版年ともに不詳”とありましたが、「正法の旗をかかげて―ものがたり戦国三河門徒」や『三河一向一揆史』との関係については言及されていませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
『司馬遼太郎の風音』 磯貝勝太郎/著 日本放送出版協会 2001年 p.102,109-110,117-118
『司馬遼太郎書誌研究文献目録』 松本勝久/著 勉誠出版 2004年 p.96,172
『司馬遼太郎事典』 志村有弘/編 勉誠出版 2007年 p.100
キーワード
(Keywords)
司馬遼太郎
福田定一
三河一向一揆史
正法の旗をかかげて
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077290解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!