このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076578
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
中央 参考 7
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年01月16日 14時08分更新日時
(Last update)
2016年07月15日 16時05分
質問
(Question)
「晋山」の意味を教えてください。
回答
(Answer)
 『岩波 仏教辞典 第二版』によりますと、「新任の住持(じゅうじ)が新たにその寺に住職として入ること。〈入山 にゅうざん〉ともいう。〈晋〉は進むの意。寺のことを〈山〉というのは、もと寺院は山に建てられることが多く、その山の名前で所在を示したことから山号(さんごう)がふされるようになり、それが山でなく平地に建てられた寺院にも広く適用されるようになったことから、それ故、寺の門のことを〈山門〉と呼び、寺域内を〈山内 さんない〉呼ぶ。」とありました。
 また、『広説佛教語大辞典』には、「禅宗では「しんさん」といい、浄土宗では、「しんざん」という。晋は進に同じ。新しい住持がはじめてその寺に入ることをいう。この時に行う式を晋山式という。入寺の式。」と説明されています。
回答プロセス
(Answering process)
国語辞典を引いて仏教用語ということが分かりましたので、仏教用語関連の辞典を調べました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 9版)
参考資料
(Reference materials)
『岩波仏教辞典 第二版』 中村元ほか編 岩波書店 2002年 <180/イ> (569頁)
『広説佛教語大辞典 中巻』 中村元著 東京書籍 2001年 <180.3/ナ/2> (951頁)
『新・佛教辞典』 石田瑞麿ほか編 誠信書房 1980年 <180.3/シ> (299頁)
『日本佛教語辞典』 岩本裕著 平凡社 1988年 <180.3/イ> (456頁)
キーワード
(Keywords)
晋山
仏教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000076578解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!