このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076415
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000103501
事例作成日
(Creation date)
2010年11月02日登録日時
(Registration date)
2011年01月12日 18時08分更新日時
(Last update)
2011年01月12日 18時08分
質問
(Question)
1.南亀五郎 2.南貞助兄弟に関する文献
回答
(Answer)
1.南亀五郎
参考資料1~5を調査。
資料1:資料1~5の中では、記述が一番詳しい。   
資料2:巻末の「関係人物略伝」に掲載されているもので、4ページほどの内容。
資料3:資料2とほぼ同じ内容。
資料4:大組士(百六十石)杢之助の嫡子とある。
資料5:三田尻海軍学校、軍監、区長、七等警部と簡単な経歴が掲載されている。

2.南貞助
資料6:記述が詳しい。
資料7:高杉晋作の義弟で従兄、慶応元年に渡英し成功したことなど、本文中に9行、巻末の人物・事物紹介にそれぞれ記述がある。渡英中ウーリッチで撮影された写真も掲載。
資料8:略歴と参考文献(資料9~12)の紹介あり。
資料9,10:日記の中に訪問、面会などで貞助の名前が出てくる。
資料11:巻末の海外留学者リストに名前あり。
資料12:廃藩以前旧長州藩人の洋行者の一覧だが、ごく簡単な内容。
資料13:総合索引を見ると、亀五郎、貞助ともに記述のある箇所あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『松下村塾の人びと』 『国際結婚第一号』
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『松下村塾の人びと』 海原徹∥著 ミネルヴァ書房 1993.10 当館請求記号:Y216.1/M 3/ p373
2 『吉田松陰全集 別巻』 大和書房 1974 Y121/K 2/ p268
3 『近世防長人名辞典 増補』 吉田祥朔∥著 マツノ書店 1976. Y280/K 6/ p229
4 『吉田松陰と松下村塾の青春』 新人物往来社 1989.3 Y289/Y 86/L 9 p169
5 『吉田松陰と塾生たち』 萩博物館∥編 松下村塾開塾150年記念誌出版委員会 2007.9 Y289/Y 86/N 7 p46
6 『国際結婚第一号』 小山騰∥著 講談社 1995.12 367.4/M 5/ p37-92,他
7 『明治の若き群像』 犬塚孝明∥著 平凡社 2006.5 281.04/N 6/ p36,39,253
8 『海を越えた日本人名事典』 富田仁∥編集 日外アソシエーツ 2005.7 R281.03/N 5/ p657
9 『尾崎三良日記 上巻』 尾崎三良∥著 中央公論社 1991.08 R289.1/O 96/ p15,280,285,285
10 『尾崎三良日記 中巻』 尾崎三良∥著 中央公論社 1991.10 R289.1/O 96/ p114,116,238,249
11 『近代日本の海外留学史』 石附実∥著 ミネルヴァ書房 1972 R372.1/L 4/ p335
12 『防長史談会雑誌』 1(6)  防長史談会 1909.09 Y205/D 9/ p71
13 『防長回天史 総合索引』 田村哲夫∥編 マツノ書店 1991.6 Y215.8/M 1/
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000076415解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!