このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072653
提供館
(Library)
大阪府立大学学術情報センター (3210008)管理番号
(Control number)
阪府大-学情-H22-14
事例作成日
(Creation date)
2010年09月02日登録日時
(Registration date)
2010年10月22日 11時42分更新日時
(Last update)
2011年02月02日 11時40分
質問
(Question)
ハーシュライファーの本を所蔵しているか。(日本語に訳されているもの)
回答
(Answer)
アルバート・O.ハーシュマン著『組織社会の論理構造 : 退出・告発・ロイヤルティ 』(第2刷)ミネルヴァ書房,1980(335/288)を紹介。

その他にも下記資料を所蔵している。
・『経済発展の戦略』巌松堂出版,1961.7(331/294/B)経済学部図書室所蔵
・『組織社会の論理構造 : 退出・告発・ロイヤルティ 』ミネルヴァ書房,1975.1(361.4/110)経済学部図書室所蔵
・『情念の政治経済学』法政大学出版局,1985.9(331.2/117)
・『失望と参画の現象学 : 私的利益と公的行為』法政大学出版局,1988.10(331.87/1)
・『反動のレトリック : 逆転,無益,危険性』法政大学出版局,1997.4(311/H75)
・『法としての自己破壊 : 「現実的可能性」を求めて 』法政大学出版局,2004.1(304/H75)
回答プロセス
(Answering process)
OPACで“ハーシュライファー”を検索すると、11件がヒット。
そのうち日本語に訳されているものは『価格理論とその応用』上・下巻のみである。

レファレンスインタビューにより、本学経済学部の辻峰男教授が論文中に使用した、ハーシュライファーの用語
“exit”、“voice”の意味を知りたいということがわかる。その論文は『大阪府立大學經濟研究』(巻号、発行年等は不明)
に掲載されているとのこと。

大阪府立大学学術情報リポジトリOPERAのサイトで、“辻峰男”を検索すると2件の論文がヒット。
ヒットした論文を確認したところ、“exit”、“voice”の用語が使われているのは下記論文であるということがわかる。
「会計の国際的類型化一般モデル : ユニークであること」(『大阪府立大學經濟研究』 2004, 50(1), p.279-285)
また、“exit”、“voice”を用いているのはハーシュライファーではなく、Hirschman(ハーシュマン)であることもわかった。
論文中の参考文献には、“Hirschman,Albert O.[1974]:Abwanderung und Widerspruch,J.C.B.Mohr”とある。

OPACで“Hirschman”を検索すると、25件がヒット。このうちAlbert O. Hirschmanの著作は15件、
日本語に訳されたものは7件である。
キーワード“Abwanderung und Widerspruch”ではヒットしない。
NACSIS Webcatで“Abwanderung und Widerspruch”を検索すると、別タイトルが
『Exit, Voice, and Loyalty: Responses to Decline in Firms, Organizations, and States』であることがわかる。

OPACで“Exit,Voice,and Loyalty”を検索すると、『組織社会の論理構造 : 退出・告発・ロイヤルティ 』がヒットした。

『Exit, Voice, and Loyalty: Responses to Decline in Firms, Organizations, and States』
(Harvard University Press, 1970) の訳書は、
・三浦隆之訳『組織社会の論理構造――退出・告発・ロイヤルティ』(ミネルヴァ書房, 1975年)
・矢野修一訳『離脱・発言・忠誠――企業・組織・国家における衰退への反応』(ミネルヴァ書房, 2005年)
以上である。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
大阪府立大学学術情報リポジトリOPERA http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/
『価格理論とその応用』上・下,マグロウヒル好学社,1980ー1981(331.5/26/1-2,331.5/26/1B-2B)
キーワード
(Keywords)
ハーシュマン
Hirschman
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員・学生
登録番号
(Registration number)
1000072653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!