このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000070468
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H22-045
事例作成日
(Creation date)
2010年8月25日登録日時
(Registration date)
2010年08月25日 18時19分更新日時
(Last update)
2010年10月03日 10時49分
質問
(Question)
「中央教育審議会の学士課程教育の構築に向けて」を読みたい。
回答
(Answer)
①のURLと④の新聞記事を案内し、②の複写物を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACで書名を“中央教育審議会の学士課程教育の構築に向けて”にして検索するが、見つからない。
インターネット検索エンジンGoogleでキーワードを“学士課程教育の構築に向けて”にして検索すると、次のサイトが見つかった。

「文部科学省」公式ホームページ内「学士課程教育の構築に向けて(答申)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1217067.htm (2010/8/25最終確認)
また、上記のURLからはPDFで上記資料の内容を閲覧することができる。

出版物で探すため市内OPACでキーワードを“学士課程教育の構築に向けて”にして検索すると、次の資料が見つかった。

②『教育小六法 平成22年版』市川須美子/(他)編 学陽書房 2010(自館請求記号:R373)
p1247に「学士課程教育の構築に向けて(答申)の概要」がある。

神奈川県内図書館蔵書検索でキーワードを“学士課程の構築に向けて”にして検索すると、次の資料が見つかった。
③『大学教育の「質」をどう扱うか』大学評価学会年報編集委員会/編 大学評価学会 2009
(神奈川県立図書館請求記号:県立 377.1UU 173)
p118に「答申全文は次のURLから閲覧・印刷することができる」として①のサイトを紹介しているだけで、本文の記載はなかった。

オンラインデータベースでも調べてみた。
「朝日新聞記事検索サービス聞蔵Ⅱビジュアル」でキーワードを“学士課程の構築に向けて”にして検索すると、次の記事が見つかった。
④「学生の質高める教育方法を探る 日本学術会議がシンポジウム」『朝日新聞 2009年12月7日 朝刊 教育1(13面)』
「日本学術会議は、国内の科学者の代表機関。学術会議が検討を始めたのは、昨年12月の中央教育審議会答申「学士課程教育の構築に向けて」がきっかけだ。」とあり。(2010/8/25最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 9版)
参考資料
(Reference materials)
『教育小六法 平成22年版』市川須美子/(他)編 学陽書房 2010 (自館請求記号:R373)
『大学教育の「質」をどう扱うか』大学評価学会年報編集委員会/編 大学評価学会 2009 (神奈川県立図書館請求記号:県立 377.1UU 173)
キーワード
(Keywords)
中央教育審議会
学士課程教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000070468解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決