このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069802
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-01-014
事例作成日
(Creation date)
2001/05/18登録日時
(Registration date)
2010年08月05日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年11月29日 11時56分
質問
(Question)
水産哺乳動物(クジラ・イルカ等)は餌があるとして陸上では生きられないか。
回答
(Answer)
皮膚が乾いて死んでしまうようです。
以下参考資料に記載されていたのでご紹介しました。
回答プロセス
(Answering process)
『イルカの集団自殺』p22に、「近所の人々や子供たちがイルカの体に海水をかけて皮膚の乾燥を防いでやっています。中には濡らして毛布を掛けてやっている人もいます。しかし専門家の話では、結局は肺炎を起こして死んでしまうということです。」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489)
参考資料
(Reference materials)
『クジラのはなし』大隅 清治/著 技報堂出版 1993.11 <489オ> (p108~)
『イルカの集団自殺』森満 保/著 金原出版 1991.01 <489モ>
『ビジュアル博物館 第46巻』リリーフ・システムズ/訳 同朋舎出版 1994.05 <033ヒ46> (p56)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決