このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000068491
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-RE-201006-01
事例作成日
(Creation date)
2010/06/01登録日時
(Registration date)
2010年06月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年10月09日 15時24分
質問
(Question)
土日祝日などいわゆる休日に仕事が休みの人と、そうでない人の割合はどのくらいか。
回答
(Answer)
『社会生活基本調査報告 平成18年第1巻』(日本統計協会2008)によると、有業者の曜日別仕事の行動者率は平日は86.5%、土曜日は55.7%、日曜日は34.0%。

また、『データブック 国民生活時間調査2005』(NHK放送文化研究所2006)には「平日、土曜日、日曜日の行動別行為者比率」が掲載されている。
有職者全体において、平日「仕事関連」のことをしているのは、89.6%、土曜日は61.6%、日曜日は36.3%とあり。この本には、職業別、男女別のデータも掲載されており、さらに詳しくわかるようになっている。

NHK放送文化研究所のホームページ上で「2005年国民生活時間調査報告書」 http://www.nhk.or.jp/bunken/new_06021001.html  (2010.6.26確認)として公開されている。
このデータブックは5年ごとに刊行されているもよう。
回答プロセス
(Answering process)
1 統計関連の参考図書・総合データベースから参考になりそうな統計をさがす
 1) 『統計情報インデックス 2008』(日本統計協会,2008.11)
  「休暇」「休暇制度」「休日」の項(p36)の参考図書を確認
    下記の3冊には、週休の数や週2日休者の割合のデータはあるが、曜日別の休日者割合のデータはなし。
     ・『産業労働事情調査 平成14年度』(労務行政,2003.3)
     ・『就労条件総合調査 平成19年版』(労務行政,2008.2)
     ・『賃金事情等総合調査 賃金事情調査 中央労働委員会事務局調査 平成18年』(労委協会,2007.3)
 2)『白書統計索引 2007』(日外アソシエーツ 紀伊國屋書店(発売),2008.3)
   「休日」の項(p.134)を見るが、休日と曜日の関係についての統計はなし。
 3)政府統計の総合窓口e-stat  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do  (2010.6.25確認)を検索
   “勤務”ד曜日”のキーワードで検索すると、総務省「社会生活基本調査」が見つかる。
   「第1表 曜日、男女、ふだんの就業状態、年齢、行動の種類別総平均時間及び行動者率」により、平日、土曜日、日曜日に有償労働をしている人の割合がわかる。
   冊子体の『社会生活基本調査報告 平成18年第1巻』(日本統計協会2008)にも同内容が記載されている。

2 国立国会図書館レファレンス協同データベース  http://crd.ndl.go.jp/jp/public/  (2010.6.25確認)を調査

 “曜日”ד休日”のキーワードで検索
  埼玉県立図書館の事例「県民、国民の自由になる時間帯、曜日を知りたい。」 がお尋ねの内容と類似している。
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000018088  (2010.6.26確認)
回答に使用した資料3点ののうち2点は発行者が埼玉県なので、参考にはならないか。
  のこり1点『データブック 国民生活時間調査』が有用と思われる。

3 当館の『データブック 国民生活時間調査 2005』(日本放送出版協会,2006.3)を調査
  「平日、土曜日、日曜日の行動別行為者比率」
   全国10歳以上の国民12,600人を対象に、配付回収法により人々の1日の生活行動を調査した結果を収録。
   有職者全体において、平日「仕事関連」のことをしているのは、89.6%、土曜日は61.6%、日曜日は36.3%とある。 
  この本には、職業別、男女別のデータも掲載されており、さらに詳しくわかるようになっている。
   このデータブックは、1995年版・2000年版・2005年版と出版されており、この2005年版が最新。
   著者のNHK放送文化研究所のホームページがないか、そこに最新版の統計が公開されていないかインターネットleで調査したところ、この2005年の調査結果はホームページ上でも公開されており、これが最新。
    http://www.nhk.or.jp/bunken/new_06021001.html  (2010.6.26確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365 9版)
参考資料
(Reference materials)
『データブック 国民生活時間調査2005』NHK放送文化研究所、2006 ISBN 4-14-009330-7<当館書誌ID:0011182404>
NHK放送文化研究所「2005年国民生活時間調査報告書」  http://www.nhk.or.jp/bunken/new_06021001.html  (2010.6.26確認)
『社会生活本調査報告 平成18年第1巻』 日本統計協会、2008 ISBN 978-4-8223-3477-2<当館書誌ID:0011631851>
キーワード
(Keywords)
土曜日
日曜日
休日
休日制度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000068491解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決