このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067199
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-07-011
事例作成日
(Creation date)
2007/04/07登録日時
(Registration date)
2010年05月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年02月17日 16時33分
質問
(Question)
カニワについて知りたい
回答
(Answer)
アンデスの高地で栽培されている穀物のようです。
回答プロセス
(Answering process)
『新編 食用作物』p412 その他のイネ科以外の穀物 キノア
「アンデス地域には、C.pallidicauleも栽培され、現地ではcanahuaと呼ぶ。いずれも現地のみで栽培され、インディオ族の主食とされるという。canahuaはキノアより蛋白含量が高く、比較的高地で栽培される。」

『世界有用植物事典』p251
「chenopodium pallidicaule
アンデス(ペルーとボリビア)の高地で穀物用作物として栽培されているが重要ではない。」

『朝日百科 世界の植物 7』p1803
「Chenopodium quinoa Willd アンデス山地の原住民が古くから栽培し、ヒエのような実をかゆにして主食としていた。」
キノアのカラー写真あり。

『文明を支えた植物』p155 穀類
「温帯のアンデスではいまでもキノア(Chenopodium quinoa)が栽培されている。高いところでは、C.canihuaがそれに代わる」
事前調査事項
(Preliminary research)
『作物学 1』(文永堂出版)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『新編 食用作物』星川 清親/著 養賢堂 1980 <616ホ>
『世界有用植物事典』堀田 満/〔ほか〕編 平凡社 1989.08 <R471セ>
『朝日百科 世界の植物 7』朝日新聞社 1979 <R470ア7>
『文明を支えた植物』A.‐G.オドリクール/〔著〕,L.エダン/〔著〕,小林 真紀子/訳 八坂書房 1993.02 <615オ>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000067199解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!