このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065806
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2009-064
事例作成日
(Creation date)
2009/11/08登録日時
(Registration date)
2010年04月07日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年04月22日 11時34分
質問
(Question)
保科弾正正俊の生没年、子や孫にどんな人がいたかを知りたい。
回答
(Answer)
保科弾正正俊は、武田信玄・勝頼に従い軍功が多かった武将で1511(永正8)年生、1593(文禄2)年8月6日没。
子には正直(高遠城主。徳川家康に臣従し、上田城の真田氏攻めや小田原攻めにも加わった)、孫に正光(譜代高遠藩主)・正重・正貞(譜代飯野藩主)・氏重がいる。
また、孫正光の養子が保科正之(徳川秀忠の子、後に会津藩主)である。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵する人名辞典、系図資料、《WHOPLUS》を調査する。
『日本古代中世人名辞典』(吉川弘文館 2006)
p897〈保科正俊(ほしなまさとし)〉の項あり。「1511-93」とある。17行程の記述あり。

『寛政重修諸家譜 新訂 第4』(続群書類従完成会 1964)
p353〈正俊〉の項あり(系図形式)。6行程度の解説で「文禄二年八月六日死す。年八十三。」とある。
子の名は「正直(まさなを)」、詳細な記述あり。孫の名は「正光(まさみつ)」、詳細な記述あり。「正重(まさしげ)」。「正貞(まささだ)」 詳細な記述あり。「氏重(うぢしげ)」。この他に女子4名あり。

『寛永諸家系図伝 第3』(続群書類従完成会 1980)
p218〈正俊(まさとし)〉の項あり(系図形式)。「文禄二年、死去。八十三歳」とあり。子の名は「正直(まさなを)」 詳細な記述あり。孫の名に「正光(まさみつ)」 詳細な記述あり。「正重(まさしげ)」。「正貞(まささだ)」 詳細な記述あり。「氏重(うぢしげ)」。この他に女子3名あり。

『日本史諸家系図人名辞典』(講談社 2003)
p573-574〈保科氏〉の項あり。正俊を含む系図あり。
p574〈保科正俊(ほしな・まさとし)〉の項あり。7行程の記述あり。「永正8年生まれ」「文禄2年8月6日死去」とある。
子「正直(まさなお)」孫「正光(まさみつ)」「正貞(まささだ)」の名あり。

『江戸時代全大名家事典』(東京堂出版 2008)
p1039-〈松平(保科)家〉の項あり。「正俊」、子の「正直」、孫「正光」ほか詳細な記述あり。
p1040「松平(保科)家略系図」あり。

『日本家系・系図大事典』(東京堂出版 2008)
p937-939〈ホシナ(保科、星名、保志奈)〉の項あり。系図あり。

『高遠町誌 上巻 〔1〕 歴史』(高遠町誌刊行会 1983)
p391、p401に「保科正俊」。
p409、p421に子の「正直」。
p505-512に孫の「正光」についての記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本古代中世人名辞典』(平野邦雄 吉川弘文館 2006)
『寛政重修諸家譜 新訂 第4』(続群書類従完成会 1964)
『寛永諸家系図伝 第3』(続群書類従完成会 1980)
『日本史諸家系図人名辞典』(小和田哲男 講談社 2003)
『江戸時代全大名家事典』(工藤寛正 東京堂出版 2008)
『日本家系・系図大事典』(奥富敬之 東京堂出版 2008)
『高遠町誌 上巻 〔1〕 歴史』(高遠町誌刊行会 1983)
キーワード
(Keywords)
保科 正俊(ホシナ マサトシ)
武士-戦国時代-江戸時代
保科氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000065806解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!