このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065719
提供館
(Library)
愛知芸術文化センター愛知県図書館 (2110019)管理番号
(Control number)
愛知県図-00255
事例作成日
(Creation date)
2009/07/15登録日時
(Registration date)
2010年04月01日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年04月02日 12時03分
質問
(Question)
イスラエルにある十字軍に占領された城「クラック・デ・シュヴァリエ」の載っている資料が見たい。1099年に建ったとされているが、それ以前に建てられたという説もあるようなので、そのような記述があるものを探している。(ウィキペディアには写真があるが、本で見たい)
回答
(Answer)
ウィキペディアで確認すると、2006年に世界遺産(文化遺産)に登録されていることがわかりました。【資料1】を見ると、「2006年新登録の世界遺産」一覧があり、写真も掲載されていました。場所はシリアで、「1142~1271年に聖ヨハネ騎士団が建設」とあります。十字軍関係、イスラエルの歴史についての資料は探したがなかったということなので、シリア近辺の地理、古城、世界遺産の資料を探したところ、【資料2】に「十字軍の城」として写真と解説(「アラブ人の小さな城砦だったが、12世紀に、テンプル騎士団と並ぶ大修道騎士団であるホスピタル騎士団によって改築」)があり、【資料3】に「1031年、ホムスの君主がこの場所に砦を築き(中略)その後1099年、聖地エルサレムを奪回するために遠征した十字軍がここを占領した。彼らは円塔をもつ外壁と内側の砦の2重構造に改築し、当時最新の技術を導入して強固な城砦とした。」という記述がありました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア  (292 9版)
東洋の建築.アジアの建築  (522 9版)
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1『世界遺産年報 No.12(2007)』日本ユネスコ協会連盟 ,2006 p.12 (1109098048)
資料2『古城事典』(「知」のビジュアル百科 24)あすなろ書房,2006 p.35 (1109194527)
資料3『シリア・ヨルダン・レバノンガイド』ミルトス,1997 p.53-54 (1107358916)
キーワード
(Keywords)
クラック・デ・シュヴァリエ
十字軍
世界遺産
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000065719解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!