このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065675
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2009-0018
事例作成日
(Creation date)
2008/05/27登録日時
(Registration date)
2010年03月26日 02時12分更新日時
(Last update)
2010年03月26日 02時12分
質問
(Question)
「埴生の宿」の歌にある「埴生の宿」の意味についてわかりやすい解説を知りたい。
回答
(Answer)
『日本童謡事典』の「埴生の宿」p323-32の解説によれば,
「みずからの生まれ育った花・鳥・虫に恵まれた家を懐かしみ讃える歌…」「「埴生の宿」とは,床も畳もなく「埴」(土=粘土)を剥き出しのままの家のこと,そんな造りであっても,生い立ちの家は,「玉の装い(よそおい)」を凝らし「瑠璃の床」を持った殿堂よりずっと「楽し」く,また「頼もし」いという内容。

『日本の唱歌 上 明治篇』のp84-85によれば,「イギリスのビショップ(Henry Bishop,1786-1855)の「楽しきわが家」(Home,Sweet Home)に,里見義が作詩したもの。…原詩に忠実で,「訳詩」というべきかもしれない。…」「…「埴生の宿」とは,元来「貧しい粗末な家」という意味である…」
「…古語では,「たのし」にも「たのもし」にも「富んでいる」という意味がある。里見はこのことを知っていて,「心は富めり」という心境を表すためにこの単語を使ったのであろうか。…」

『新明解国語辞典』のp1209に、「埴生」「粘土性の土」の意の雅語的表現。「―の宿〔=土で塗った,みすぼらしい家〕」

『世界の愛唱歌:ハンドブック』の「埴生の宿」:p228-229によれば,「土間にじかに筵(むしろ)を敷いて寝る粘土で作った家が埴生の宿…」「それほど貧しい家であっても,我が家が一番楽しくていいものよ,」「玉の装い(よそおい)=宝石を散りばめたような素晴らしいところ,羨まじ=うらやましくない,瑠璃の床=宝石を散りばめた床…」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本童謡事典』(上笙一郎編 東京堂出版 2005)<7677/10 > (0105885787)
『日本の唱歌 上 明治篇』(金田一春彦,安西愛子編 講談社,1977)<76708/2/1> (2101116482)
『新明解国語辞典』(第6版 三省堂,2005)<8131/6> (0105843491 )

『世界の愛唱歌:ハンドブック』(長田暁二著 第2版 ヤマハミュージックメディア 2005) (千葉市立図書館所蔵)
キーワード
(Keywords)
埴生の宿
唱歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065675解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter


レファ協とは?

図書館員等の方へ

おすすめデータ

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ