このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065593
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2009006080
事例作成日
(Creation date)
2009/12/8 登録日時
(Registration date)
2010年03月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年03月25日 02時11分
質問
(Question)
絵本『はなのすきなうし』と同じ作品が戦前にも翻訳出版されたと聞いたが、その本について知りたい。
回答
(Answer)
絵本『はなのすきなうし』は、戦後、マンロー・リーフ文、ロバート・ローソン絵で『岩波子どもの本』として出版されている。都立DBや国際子ども図書館児童書総合目録で、著者名<マンロー・リーフ><ロバート・ローソン>で検索するが、該当のものはない。

児童文学の翻訳についての参考図書を調査した。資料1を画家名「ローソン・ロバート」で検索したところ、p.221「覚え書・絵本の翻訳出版」松居直の論文に「戦時期の1942年2月に筑摩書房から、3冊のアメリカ絵本が光吉夏弥訳で翻訳出版されている。」として、マンロー・リーフの『花と牛』が紹介されている。また、「この内の2冊は『岩波の子どもの本』として戦後に復刊される。」とあるのでこれと思われる。

改めて、都立DBを<はなとうし>で検索すると、資料2に「花とうし」が載っていることがわかった。現物を確認したところ、昭和17年に「花と牛」と題して筑摩書房からでて、昭和29年に「はなのすきなうし」と題して「岩波子どもの本」の1冊としてでたものに、さらに筆を加えたものだとわかる。
また改めて、国際子ども図書館児童書総合目録を<花と牛>で検索すると、神奈川近代文学館が『花と牛』(ロバート・ロウリン画 筑摩書房 1942)を所蔵していることがわかった。
このほか、資料6にも『花と牛』についての記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
児童文学研究  (909 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 図説子どもの本・翻訳の歩み事典 / 子どもの本・翻訳の歩み研究会∥編 / 柏書房 , 2002.4 RK/909.0/5004/2002
【資料2】 文学の本だな : 愛と勇気・真実と平和の物語 小学編2 低学年 / 沢田慶輔∥編 / 国土社 , 1963 /908/109/2
【資料3】 図説絵本・挿絵大事典 第1巻 図説日本の児童書四〇〇年 / 川戸道昭∥編著 / 大空社 , 2008.11 RK/726.6/5060/1
【資料4】 はじめて学ぶ日本の絵本史 2 15年戦争下の絵本 / 鳥越信∥編 / ミネルヴァ書房 , 2002.2 ( シリーズ・日本の文学史 3 ) RK/726.6/5001/2
【資料5】 はじめて学ぶ日本の絵本史 3 戦後絵本の歩みと展望 / 鳥越信∥編 / ミネルヴァ書房 , 2002.7 ( シリーズ・日本の文学史 4 ) RK/726.6/5001/3
【資料6】 英米児童文学年表・翻訳年表 / 清水真砂子∥共編 / 研究社出版 , 1972 RK/930/9/72
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000065593解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!