このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000064485
提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2009-0003
事例作成日
(Creation date)
2009/05/28登録日時
(Registration date)
2010年03月09日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年03月09日 02時10分
質問
(Question)
 明治時代に利根川で運行していた蒸気船の銚港丸は、現在の東京都中央区にあった福沢辰蔵という人物の造船所で造られたそうだが、この造船所や福沢辰蔵について詳しく知りたい。
回答
(Answer)
 福沢辰蔵(ふくざわたつぞう)個人やその造船所について詳しい記述がある資料は見つけることができなかった。一般的な資料ではほとんど情報が出てこないように思われたため、質問者には福沢辰蔵に縁のある地域である東京都の中央区立図書館や都立中央図書館、三重県の鳥羽市立図書館や県立図書館などであれば、他に資料があるかもしれないので、そちらに問い合わせてもらうよう回答した。
回答プロセス
(Answering process)
 まず当館で所蔵している主な人名辞典を調べてみたが、該当する人物は見つからなかった。

 次に造船関係の資料で『明治工業史 2造船編』『日本近世造船史 明治時代』『日本近世造船史 大正時代』等を見たがこちらでも名前は出てこなかった。他に国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで当時の工場名簿である『工場通覧 明治35年』『同 明治37年』も内容を確認したが、該当しそうな工場は見つからなかった。

 その他国会図書館のNDL-OPACで関連しそうな図書や雑誌記事を検索しでも該当しそうな資料は見つからなかったが、同じく国会図書館PORTAで検索すると近代デジタルライブラリーに収録されている『実業家奇聞録』という資料がヒットし、福沢辰蔵について「福沢辰蔵海軍の小使いより出でて近海の航業を興こす、福沢丸の盛名流るるに及んで~」という記述があり、逸話が紹介されていた。
 
 他に手がかりがないかインターネットのGoogleで「福沢辰蔵」を検索すると以下のようなサイトがヒットした。
『いまどき三浦半島情報「週刊アベニュー」 - メルマ!』「三崎で魚を積む魚商の数十名が団結して、福沢辰蔵に汽船の回航を依頼した。福沢もこれに応じて、また三崎航路をはじめた。」
http://www.melma.com/backnumber_10790_4388084/
(インターネットの最終アクセス:2010年2月9日) 

『明治百景―100年前の三重県―』
「鳥羽造船所は11年9月東京で造船所を営む福沢辰蔵が鳥羽に造船所を開いたのが最初で、以後旧鳥羽藩の士族らの資金もあわせ基礎を固めていった。(中略)『鳥羽市史』下巻」
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/meiji/detail.asp?record=459
(インターネットの最終アクセス:2010年2月9日)

『ヨコスカ開国物語Ⅳ』
「高橋は明治14年に東京京橋に住む福沢辰蔵から17㌧の蒸気船を福沢丸を6千円で買い取った。」
http://www.d5.dion.ne.jp/~ikeyoko/M-KAIKO-4.htm
(インターネットの最終アクセス:2010年2月9日)

 上記のサイトで出た「福沢丸」で同じくgoogleで検索をするとやはりいくつかサイトがヒットし、福沢が千葉県含む東京湾周辺で汽船を運航していたらしいことが分かった。 

『いちはら道物語』
http://www.city.ichihara.chiba.jp/graph/0010/michi4-3.html
(インターネットの最終アクセス:2010年2月9日)

 そこで千葉県の明治時代の汽船についての図書を調べたところ、『千葉県の歴史 資料編 近現代5(産業・経済2)』p588に福沢辰蔵が提出した「汽船営業願」が掲載されており、福沢の住所が京橋区越前堀二丁目三番地と記されていた。
 さらに京橋区(現中央区)に関する資料で『京橋区史 第2巻』を見ると福沢辰蔵の造船所かは不明だが「更に此の頃日比谷町福沢造船所(中略)等の群小造船所の輩出をみたのである。」という記述があった。
 
 最後に明治・大正時代の読売新聞記事のデータベースを調べたところ、福沢については以下一件の記事が見つかった。
 明治25年3月18日朝刊2面
 「塔の沢の温泉は当時越前堀の福沢辰蔵氏の所有なるが今度二三華族と組合の上二万円の株式倶楽部を興し同倶楽部へ譲渡さんと目下計画中なり」

 質問者には以上判明したことを伝えたが、一般的な資料ではほとんど情報が出てこないように思われたため、福沢辰蔵に縁のある地域である東京都の中央区立図書館や都立中央図書館、三重県の鳥羽市立図書館や県立図書館などであれば、他に資料があるかもしれないので、そちらに問い合わせてもらうようお願いした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新潮日本人名辞典』(新潮社 1991)<2810/111>
『現代日本朝日人物事典』(朝日新聞社 1990)<2810/109>
『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社 1994)<2810/138>
『大日本人名辞書 1~5』(講談社 1974)<2810/18/1-5>
『日本人名大事典 1-6,補巻』(平凡社 1979)<2810/10/1-6,ホ>
『明治人名辞典 上下』(日本図書センター 1987)<2810/60/1-1・1-2>
『明治人名辞典 2巻上下』(日本図書センター 1988)<2810/60/2-1・2-2>
『明治人名辞典 3巻上下』(日本図書センター 1994)<2810/60/3-1・3-2>
『大正人名辞典 上下』(日本図書センター 1987)<2810/61/1-1・1-2>
『大正人名辞典 2巻上下』(日本図書センター 1988)<2810/61/2-1・2-2>
『大正人名辞典 3巻上中下』(日本図書センター 1994)<2810/61/3-1・3-2>
『昭和人名辞典 第1~4巻』(日本図書センター 1987,1989)<2810/62/1-1~4>
『昭和人名辞典 2 第1~3巻』(日本図書センター 1989)<2810/62/2-1・2-2・2-33>
『昭和人名辞 3』(日本図書センター 1994)<2810/62/3>
『日本近現代人名辞典』(吉川弘文館 2001)<28103/21>
『明治大正昭和東京人名録 上中下』(日本図書センター 1989)<2813/1/1-3>
『海事関係社史・団体史・労働組合史・伝記目録 国内篇 』(海事産業研究所海事資料センター 1983)県立中央図書館所蔵
『明治工業史 2造船編』(原書房 1994(1925刊の覆刻))<5092/71/2>
『日本近世造船史 明治時代』(原書房 1973)<5502/6/1-1,1-2>
『日本近世造船史 大正時代』(原書房)1973 <5502/6/2-1,2-2>
『千葉県の歴史 資料編 近現代5(産業・経済2)』(千葉県 2001)<C20/2/29>
『京橋区史 第2巻』(本郷出版社 1983)県立中央図書館所蔵
『Kioroshi(木下)の蒸気船銚港丸』(木下まち育て塾 2007)<C684/4>
キーワード
(Keywords)
福沢丸
中央区
京橋区
福沢辰蔵
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000064485解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!