このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062696
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20090110
事例作成日
(Creation date)
2006年10月20日登録日時
(Registration date)
2010年01月31日 10時59分更新日時
(Last update)
2010年02月17日 09時59分
質問
(Question)
 金閣寺は昭和25年に放火焼失、昭和30年に再建されたが、
金閣寺放火事件と金閣寺再建について詳しく取り上げられている資料
を探している。
 再建前と再建後の写真が掲載されている資料もあわせて紹介してほしい。
なお、三島由紀夫「金閣寺」はすでに見ている。
回答
(Answer)
(1)放火事件について
『金閣炎上』水上勉(参考資料1)
 「あとがき」に“私は犯人の林養賢君と縁も深かったし,在所も近かったので,
彼がなぜ金閣に放火したか,そのことを,つきつめて考えたかった。(中略)事件
当日,西陣署から犯人逮捕に向われて,林を署に連行し,拘置所までおくられた
若木松一氏(のち西陣署長)の保存されていた「金閣寺一件」なる分厚い回顧録と
資料は,本篇の中心となった。”とある。
『群像』1997年1月号p.344~375「「金閣寺」-放火論(四) 多田道太郎」
 金閣寺放火事件を題材とした三島由紀夫の『金閣寺』と水上勉の『金閣炎上』を
取り上げて論評している。
『文芸春秋』2005年8月号p.332~343「金閣寺放火事件 青年僧はなぜ?
「美への嫉妬」という言葉の陰に潜むものとは 柳田邦男・玄侑宗久・斎藤環」
 三島由紀夫や水上勉の文学的解釈から離れ,原点から犯人の林養賢について分析を
行った対談。
『朝日新聞縮刷版<復刻版>昭和25年5~8月』(参考資料2)
 昭和25年7月3日(2面)「金閣寺全焼す」,4日(3面)「金閣放火の責負い林の
母親が自殺」(4面)「金閣寺雑記 池田亀鑑」等事件関連記事がある。

(2)金閣寺再建について
『金閣と銀閣』(参考資料3)
 p.74~「舎利殿(金閣)」の項に“再建に際しては,実測図をもとに細部に
いたるまで厳密に復原され,焼失した建物のうち,後世に改修された部分も,考証に
よって創立当初に近い姿に復原されているから・・・”との記述がある。
『金閣寺・銀閣寺』(参考資料4)
 p.9~10に再建作業の記述がある。後世に改修され,再建時に復原した部分の
説明がある。
『日本名建築写真選集 11 金閣寺・銀閣寺』(参考資料5)
 p.100~109「金閣の復原」焼失後の再建が必ずしも創建時の復原ではないことを
江戸期,明治期の修理記録等を基に説明している。

(3)再建前と再建後の写真
 並べて比較したものは見つからなかった。
 再建前の写真が掲載されているものには次の資料がある。
『京都百年パノラマ館』(参考資料6)
 p.59「金閣寺」(撮影時期については記されていない)p.60~61「金閣寺
 金閣の二階に向けて高い橋(渡り廊下)がかかった時代の珍しい写真。」の2点が
掲載されている。
 着色写真と思われる。
『写真集明治の記憶』(参考資料7)
 p.41「金閣寺」の1点掲載されている。撮影時期は記されていない。
 モノクロであまりはっきりと写っていない。
『調べ学習日本の歴史 4 金閣・銀閣の研究』(参考資料8)
 p.13「焼失前の金閣 1940年ごろ。」の一点が掲載されている。モノクロ。
 焼失を知らせる毎日新聞の号外の記事(部分)も掲載されている。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『金閣炎上』水上勉/著 新潮社 1979
2『朝日新聞縮刷版 昭和25年 5~8月』〔朝日新聞社/編〕 日本図書センター 1988(朝日新聞社刊の復刻)
3『金閣と銀閣』赤松俊秀,川上貢/著 淡交社 1964
4『金閣寺・銀閣寺』渡辺義雄/撮影 美術出版社 1965
5『日本名建築写真選集 11』柴田秋介/撮影 伊藤ていじ/〔ほか〕編集 新潮社 1992
6『京都百年パノラマ館:写真集成』白幡洋三郎/[ほか]編集 淡交社 1992
7『写真集明治の記憶:学習院大学所蔵写真』学習院大学史料館/編 吉川弘文館 2006
8『調べ学習日本の歴史 4 金閣・銀閣の研究 日本文化のルーツをさぐる』玉井 哲雄/監修 ポプラ社 2000
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062696解決/未解決
(Resolved / Unresolved)