このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062653
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-0911
事例作成日
(Creation date)
2009年12月11日登録日時
(Registration date)
2010年01月29日 17時56分更新日時
(Last update)
2010年02月02日 13時34分
質問
(Question)
昔の古墳を今造ったらいくらくらいお金がかかりますか。
回答
(Answer)
『よみがえる古代大建設時代 巨大建造物を復元する』東京書籍 2002 には、「三内山縄文集落と巨大建築」「仁徳天皇陵」「前期・後期難波宮」「遠江国分寺」「平安京の羅生門」 「讃岐の満濃池」の古代の巨大建築物について、古代人による建設工程の検証と、古代工法と現代工法の比較による想定復元工費や工期および工程に関する詳細が載っています。

これによると、仁徳天皇陵の場合、
<全工期> 現代工法: 2年6か月/古代工法: 15年8ヶ月
<工期中に要する作業員数> 現代工法: 延べ 29,000人/古代工法: 延べ 680万7,000人
<総工費> 現代工法: 20億円/ 古代工法: 796億円(詳細の見積り表あり)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
『よみがえる古代大建設時代 巨大建造物を復元する』 大林組プロジェクトチーム/編著 東京書籍 2002,521.3 B10167444
キーワード
(Keywords)
日本建築-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000062653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!