このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062611
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-大-20100001
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月28日 16時20分更新日時
(Last update)
2010年12月24日 12時54分
質問
(Question)
能や謡曲・歌舞伎の「黒塚」は、福島県の伝説「安達ヶ原の鬼婆(あだちがはらのおにばば)」を題材にしているが、大宮区にも「黒塚」があり同様の伝説があると聞いた。どちらの伝説が古いものか?
回答
(Answer)
大宮の「黒塚」は、大宮区堀の内にありますが、同地区を含む一帯は、古くは「足立ヶ原」といわれていました。
このため、福島県の『安達が原』とどちらが本家かということで論争が続いていましたが、『さいたま市博物館研究紀要 第5集』によれば、大宮側の民俗学者・西角井正慶博士が、野蛮な伝説はいらないと言ったことにより、終結したそうです。

同紀要では、主要な文献を掲載しており、その中でも諸説が紹介されています。
『新編武蔵風土記稿』では、平兼盛が陸奥の安達原の鬼を詠んだ歌に同名の地名を附会したものとしています。
逆に、菊岡沾凉著『諸国里人談』では、「悪鬼」として「鬼婆」ではないが武蔵の足立郡を本所とし、
斎藤幸雄著『江戸名所図会』も同様、
蓑笠庵梨一著『奥細道菅菰抄』では、『安達』と『足立』の訓が似ているので奥州の事に混誤した、とあります。

大宮の「黒塚」の伝説は、古い文献に出てきますが、福島県だけでなく、全国に同様の伝説が広がっています。ただし、伝説の内容は時代や地域で変容が見られます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
博物館  (069 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大宮市史 第5巻 民俗・文化財編』 大宮市役所 1969 (黒塚の鬼婆伝説 p547)
『さいたま市博物館研究紀要 第5集』 さいたま市立博物館編集発行 2006.3 (武州大宮宿の黒塚伝説について p19)
『さいたまの伝説 あだちがはらの鬼婆は大宮にいた』 下村克彦編集 さいたま市立北図書館 2009.2 (さいたま市立北図書館開催講座資料)
『大宮文学散歩 大宮雑記帳8』 秋山喜久夫著 丸岡書店 1976 (黒塚 p30)
『黒塚 白山 東光寺 下巻 大宮雑記帳4 秋山喜久夫著 丸岡書店 1975 (東光寺 p67)
『埼玉県伝説集成 下巻 分類と解説 』 韮塚一三郎編著 北辰図書出版 1974 (黒塚の鬼婆 p178)
『日本随筆大成 第2期 24』 日本随筆大成編輯部編集 吉川弘文館 1975 (諸国里人談を収録 黒塚 p468)
『日本傳説叢書 北武蔵の巻(復刻版)』 藤沢衛彦編著 すばる書房 1978 (黒塚の鬼婆 p210)
『「江戸名所図会」厳選五十景 第28回特別展図録』 さいたま市立博物館 2004.10 (絵図 p21)
キーワード
(Keywords)
さいたま市大宮区
黒塚
伝説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062611解決/未解決
(Resolved / Unresolved)