このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000060372
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-047
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年12月01日 13時45分更新日時
(Last update)
2011年02月10日 16時17分
質問
(Question)
『文帝全書』の訓読や訳が載っている図書や論文はあるか。
(『文帝全書』に収められている「慾海廻狂文」だけでも)
幸田露伴『対髑髏』(『短編小説名作選』(東京 : 現代企画室 , 1981.4)収録)中に
『文帝全書』の「慾海廻狂文」が引用されている。
原文と意味が合わない箇所があるようなので元々の意味を確認したい。
回答
(Answer)
残念ながら『文帝全書』の訓読や訳が載っている図書や論文を見つけることはできませんでした。
詳細は回答プロセスをご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.『中国学芸大辞典』(東京元々社)
 『中国学芸大事典』(大修館書店)
  にて『文帝全書』を調べる。
 「道教の経典を集めたもの」であることは記述されているが、
 訓読本や訳本については触れられていない。

2.DOORSで「道教」「経典」などをキーワードにして検索。
 『道教の経典を読む』、『道教聖典』、『道教とその経典』、『初期道教経典の形成』
 などを調べるが『文帝全書』について記述は見つからず。

3.DOORSで「露伴」「道教」などをキーワードにして検索。
 『露伴と道教』、幸田露伴著『道教に就いて』がヒット。
 目を通すが、『文帝全書』についての記述はなし。

4.その他、CiNiiで「道教」「経典」と入れると44件ヒット。
 『道教の経典を読む』というタイトルのものもあるが、
 『文帝全書』と関連があるかは不明。

5.『対髑髏』と道教との関係からも調べてみるが、手がかりなし。
 使用データベース:CiNii, MAGAZINEPLUS, 国文学論文目録データベースなど

6. 「慾海廻狂文」や「宝訓」などのキーワードからも調査。
  「中國叢書庫二集收書總目」(www.greatman.com.tw/aizushon/01.doc)の中に
  「慾海廻狂寶訓集一卷 清邵志琳輯 有福讀書」があることが判るが、
  やはり、この訓読、訳文についても情報見つからず。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『中國學藝大辭典』改訂版(東京 : 東京元々社 , 1959.1) (大今図 参考室 920.3||C )
『中国学芸大事典』(東京 : 大修館書店 , 1978.10) (大今図 参考室 920.3||C4)
『道教の経典を読む』(東京 : 大修館書店 , 2001.5)  (大今図 B1階書庫 166.3||M9571 )
『道教聖典』(東京 : 世界文庫刊行會 , 1923.3) (大今図 B1階書庫 166.3||I597 )
『道教とその経典』(東京 : 創文社 , 1997.11)  (大今図 B1階書庫 166.3||O441 )
『初期道教経典の形成』(東京 : 汲古書院 , 2004.5)  (大今図 B1階書庫 166.3||M9586 )
『露伴と道教』(福岡 : 海鳥社 , 2004.8)  (大今図 開架 910.268||S9299 )
幸田露伴著『道教に就いて』(『岩波講座哲學』第11巻)(東京 : 岩波書店 , [1931-1933]) (大今図 B1階書庫 108||I682||11 )
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000060372解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!