このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000053686
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進08S-26
事例作成日
(Creation date)
2009/03/19登録日時
(Registration date)
2009年04月09日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年10月30日 12時24分
質問
(Question)
「アイ、アイ、サー」とは、どのような意味でどのような時に使用するのか。
回答
(Answer)
アイ、アイ、サー=Ay(e), Ay(e) sir.
意味は「はい」、「承知しました」で、上官の命令に対する海兵・航空兵の返事に使われる。軍事用語。
回答プロセス
(Answering process)
※( )内は当館請求記号

『カタカナで引くスペリング辞典』(833/0147)で、「アイ、アイ」の綴りをひくと、“ay”、“aye-aye”との記載あり。
『カタカナで引く英和辞典』(833/085)には記載なし。
英和辞典『現代英和中辞典』(833/053)、『ジーニアス英和辞典』(833/084)で、“Ay(e),Ay(e) sir”についての和訳を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (832 7版)
参考資料
(Reference materials)
『現代英和中辞典』 開拓社編/開拓社/1984/(833/053) p.124 (AJ94033539)
『ジーニアス英和辞典』 小西友七ほか編/大修館書店/1994/(833/084) p.122 (AJ94100749)
キーワード
(Keywords)
アイアイサー
軍事用語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
司書講習生
登録番号
(Registration number)
1000053686解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!