このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000053270
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺―2008-003
事例作成日
(Creation date)
2008年06月08日登録日時
(Registration date)
2009年03月31日 17時44分更新日時
(Last update)
2018年08月30日 15時48分
質問
(Question)
国の青銅器で「銅屋」の写真を見たい。15~20年前の展覧会(展覧会名,場所不明)のカタログでみた。たぶん中国の国宝級のもので、唐代のものであったと思う。
回答
(Answer)
『中国美術全集』5の銅屋の写真(p.193)と解説(p.288)を提供。紹介したものは前漢時代の広西壮族自治区博物館蔵のもの。
回答プロセス
(Answering process)
銅、屋どちらからも大漢和辞典に用例なし。百科事典、東洋美術全集などにもなし。Google検索“銅屋 青銅器”で中国語のサイトに、1982年出土の浙江省(カンカツショウ)博物館蔵のものらしき情報あり。『中国の銅器』、『雲南博物館青銅器展』、『神と獣の紋様学』『古代中国天命と青銅器』,『中国・美の名宝』1,『中国美術全集』5巻など関係書籍を探し、『中国美術全集』5巻に銅屋の写真と解説(銅屋そのものの説明ではなく、銅屋として紹介された建物の説明)を見つける。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術史.美術史  (702 8版)
参考資料
(Reference materials)
『中国の銅器』 樋口 隆康/著 中央公論美術出版 1967
『雲南博物館青銅器展  弥生稲作文化の源流をさぐる』 
汎亜細亜文化交流センター/編集 汎亜細亜文化交流センター 1984
『神と獣の紋様学』 林 巳奈夫/著 吉川弘文館 2004
『古代中国天命と青銅器』 小南 一郎/著 京都大学学術出版会 2006
『中国・美の名宝』1(鬼神と礼楽の器)  日本放送出版協会 1991
『中国美術全集』第5巻(工芸編 青銅器2) 京都書院 1996
キーワード
(Keywords)
青銅器
中国美術
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「銅屋」という言葉が、固有名詞なのか一般名詞なのか未解決。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000053270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!