このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000052572
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2008-058
事例作成日
(Creation date)
2008/11/19登録日時
(Registration date)
2009年03月18日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年12月15日 17時54分
質問
(Question)
林芙美子の「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」という詩の出典と全文を知りたい。
回答
(Answer)
この詩は林芙美子が色紙などに好んで書いたものだが、出典は不明である。また、当館所蔵資料や他館調査事例を見る限りこれが全文と考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
《レファレンス協同データベース》を〈林芙美子〉で検索する。
同様の調査事例が3件あり、「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」に続く語句を記した資料は見あたらなかったとの回答(国会図1件-一般公開、新潟県図2件-参加館公開)。
自館所蔵目録を〈林芙美子〉で検索する。
『林芙美子の生涯』(大和書房)p214-215に該当する詩の解説あり。出典は掲載されていない。また、この文中に「この二行詩ともいうべき短い文章は」との記述がある。
『林芙美子 青春の伝記』(鶴書房)p93-112「花のいのちはみじかくて」の項に「いつどのようにわき出てきた詩なのかよくわかっていない。」との記述あり。
『全国文学碑総覧 新訂増補』(日外アソシエーツ)に該当詩碑5点掲載あり。すべて内容はこの語句のみで後に続く語句はなし。
Web情報を検索する。
《林芙美子記念館ホームページ》 質問に該当する記述なし。
《新宿歴史博物館ホームページ》 「博物館資料:文学資料」の中に該当詩の色紙(写真)があり、「出典があるとも言われるが詳細は不明」と掲載されている。

追記:備考欄の情報にしたがい、『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』(村岡恵理 マガジンハウス 2008)p285-286の該当記述を確認する(2009/12/15)。
事前調査事項
(Preliminary research)
「林芙美子随筆集」「ちくま日本文学全集 45」「日本の文学 51」「日本現代文学全集」「日本女性文学大事典」などには該当記述なし。
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
詩-日本文学
林芙美子(ハヤシ フミコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
一般公開のデータとしては管理番号「D1996F3667」(国会図)が類似の調査事例である(2009/03/18確認)。

当データを閲覧した利用者より連絡をいただく(2009/12/15)。以下、林芙美子と村岡花子との関係における提供情報の本文。

いろんなバージョンがあるのかもしれませんが、
村岡花子さんに贈られたものは下の通りだったようです。
風も吹くなり
雲も光るなり
生きてゐる幸福は
波間の鴎のごとく
漂渺とただよい

生きてゐる幸福は
あなたも知ってゐる
私も知ってゐる
花のいのちはみじかくて
苦しきことのみ多かれど
風も吹くなり
雲も光るなり

『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』村岡恵理 著 マガジンハウス 285p、286p
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000052572解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!