このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049589
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-0C-200804-01
事例作成日
(Creation date)
2008/04/07登録日時
(Registration date)
2008年12月10日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年12月11日 15時15分
質問
(Question)
能「船弁慶」で、静御前が舞う舞が、序の舞か男舞かどちらか?
回答
(Answer)
「船弁慶」の解説に、『静が男舞を舞う・・・』をいう記述があった下記の資料を紹介した。
「あらすじで読む名作能50」 世界文化社
「船弁慶 対訳でたのしむ」 桧書店 
「船弁慶 能の友シリーズ 3 」白竜社
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵を“船弁慶”をキーワードに検索して見つかった資料を調査
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
能楽.狂言  (773 9版)
参考資料
(Reference materials)
「あらすじで読む名作能50」 多田 富雄/監修 世界文化社,2005.5 ISBN 4-418-05209-7<当館書誌ID:0010963495>
「船弁慶 対訳でたのしむ」 [観世 信光/作] 三宅 晶子/[訳]著 桧書店,2001.7 ISBN 4-8279-1029-4<当館書誌ID:0010122713>
「船弁慶 能の友シリーズ 3 」川西 十人/物語 白竜社,2000.12 ISBN 4-939134-04-0 <当館書誌ID:0000849470>
キーワード
(Keywords)
能楽
船弁慶
静御前
男舞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「日本国語大辞典」によると、謡曲「船弁慶」は、観世小次郎信光作。都からついて来た静御前を帰すことになり別れの宴を開く。やがて船をこぎ出すと海上が荒れ、平家の面々が現われ、義経を海に沈めようとするが弁慶に祈り伏せられるという内容。
また、「序の舞」は、舞のはじめに「序」の部分をそなえ、ゆったりと、静かで、品位のある舞、「男舞」は、直面(ひためん)の男の舞う舞で、力強くテンポの速いものとのこと。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049589解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!