このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048913
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-003
事例作成日
(Creation date)
2008/03/27登録日時
(Registration date)
2008年11月13日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年11月21日 18時16分
質問
(Question)
聖徳太子が著したといわれる「未然本紀」の現代語訳、もしくはそれに近いものを探している。
回答
(Answer)
「未然本紀」の現代語訳に類する資料は見つからなかった。聖徳太子の著作としては、否定されているようである。
原文は、『続神道大系 論説編 先代旧事本紀大成経 4』に所収。p277-289「大成経69巻 未然本紀」にあり。(漢文)底本は武田本。
回答プロセス
(Answering process)
『国書総目録』によると、「未然本紀」は、「聖徳太子日本国未然本紀」。別名「聖徳太子未来記」「日本国未来記」「未来記」「未然本紀」ともいう。写本・版本あり、活字本なし。
以下の資料では、聖徳太子の著作としては、否定されているようである。
『聖徳太子の本』 「旧事本紀大成経」「太子未来記」「日本国未来記」についての記述あり。
『中世日本の予言書・未来記を読む』 「聖徳太子未来記」の記述あり。
小峯和明「「聖徳太子未来記」とは何か」(『歴史読本 1996年12月号』p134-140)
和田英松「聖徳太子未来記の研究」(『史学雑誌 第32編3号』)
『旧事大成経に関する研究』 「未然本紀」を偽書とした「未然本紀和解」(円海著)の記述の紹介が散見される。
『聖徳太子事典』 「潮音海道と永野采女の偽作」という記述あり。
『神道大系 古典編8 先代旧事本紀』 解題に「大成経」についての記述あり。
『「先代旧字本紀」考』p15 「『旧事記』の72巻本が「先代旧字本紀大成経」のこととあり。略して「「旧事大成経」。江戸中期、釈潮音と永野采女」が刊行」という記述あり。

「未然本紀」の記述がなかったもの
『旧事記訓解 白川家 30巻本』 「未然本紀」の巻なし。
『先代旧事本紀 訓注』『天理図書館善本叢書 41 先代旧事本紀』『続日本古典全集 7 先代旧事本紀 旧事記直日』『異端日本古代史書の謎』
事前調査事項
(Preliminary research)
《NDL-OPAC》を〈未然本紀〉で検索すると、「先代舊事本紀」が出てくる。
《埼玉県立図書館蔵書検索システム》を《先代舊事本紀》で検索すると、結果が32件表示される。
NDC
日本史  (210 9版)
著作.編集  (021 9版)
参考資料
(Reference materials)
『続神道大系 論説編 先代旧事本紀大成経 4』(神道大系編纂会 1980)
『国書総目録』(岩波書店 1990)
『聖徳太子の本』(学習研究社 1997)
『中世日本の予言書-未来記を読む』(岩波書店 2007)
『歴史読本 1996年12月号』(新人物往来社)
『史学雑誌 第32編3号』(山川出版会)
『旧事大成経に関する研究』(国学院大学内宗教研究室 1952)
『聖徳太子事典』(柏書房 1997)
『神道大系 古典編8 先代旧事本紀』(神道大系編纂会 1980)
『「先代旧事本紀」考』(ルーツの会 1987)
キーワード
(Keywords)
日本-歴史-古代 
聖徳 太子(ショウトク タイシ) 
未然本紀
著作
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000048913解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!