このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048910
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2008-005
事例作成日
(Creation date)
2007/12/14登録日時
(Registration date)
2008年11月13日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年11月21日 17時59分
質問
(Question)
橋の渡り初め(橋の落成式に始めて人の渡ること、またその式典)とはどのようなことを行うのか。またその歴史について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に関連記述があり、提供する。
1 神事に関する資料
橋梁竣工祭儀の主要な部分としての渡り初めについては、神道関係資料に比較的詳しく記述があり。いずれも長老者の家の三世代夫婦による渡り初め。
『諸祭式要綱 続』p101-107 〈橋梁竣功祭(渡初式)〉」の項に用具や祭壇の設置、式次第など詳細に記述あり。起源は「聖武天皇時代の橋供養が橋梁竣功祭の初見で、渡り初めの起源は明らかではない」とあり。
『雑祭式講義全書』p283-285 〈「架橋竣工祭-渡橋式〉の項 起源故実、祭具、祭儀、渡橋式の次第などの記述あり。「徳川時代に三夫婦による渡り初め式が始まり」「祭祀としては近世に発達したもの」とも記されている。
『雑祭式作法綱要』p63-64 〈渡橋祭(架橋竣工)〉の項 作法故実、祭式次第の記述あり。
 
2 文化誌、民俗、歴史関係の資料
①親・子・孫三世代健在の夫婦を先頭に行うことが記述されている資料
『江戸の橋』p244、『橋の世界』p5、『橋と日本人』p159-160、『日本民俗大辞典 下』〈橋〉の項、『明治世相百話』p214-215
『甲子夜話 3』p184-185 文政6年両国橋の橋開きについて具体的な記述あり。
②長寿の人や高齢の夫婦を先頭に行うことが記述されている資料
『名橋巡ぐり』p14-15 〈橋供養と渡り初め〉の項 一般に行われる祝賀行事の順序などの記述あり。
『大田南畝全集 11』p311 〈両国橋渡初〉の項 簡単な記述あり。
③権力者を先頭に行うことが記述されている資料
『甲子夜話 1』p241 日本橋の架け替えに伴い、長寿の老人が渡り初めをすることが取り沙汰されていたが、町奉行、町与力などが総見分渡初めと称して行った旨の記述あり。

3 渡り初めの起源を論じた資料
飯島吉治「村境と橋」(『自然と文化 1984夏季号-特集 橋』p37-41) 人柱伝説、橋供養、渡り初めなどが存在する理由を論じている。
『いまは昔むかしは今 2 天の橋地の橋』p110-120 〈橋供養の日に〉の項 橋供養、渡り初にかかわる故事などがあり。
『木霊論:家・船・橋の民俗』p302-306 〈渡り初め(築橋儀礼)〉の項 絵馬(明治7年奉納)や『甲子夜話』に見られる三夫婦の渡り初めの様子を紹介。「古い時代の橋の「渡り初め」の様子を具体的に知ることは、今日では困難になっているが」という記述あり。

4 個々の橋の渡り初めに関する記述のある資料
『歴博万華鏡』p54-55 〈都市祭礼 橋の渡り初め〉の項 福島県磐梯町の落合日橋川新橋1650年、両国橋架け替え1855年、京都の加茂川にかかる四条新大橋1857年、伊勢宇治橋1909年の「渡り初め」の記述あり。
『名橋巡ぐり』p104-106 〈宇治橋渡始式〉の項 明治42年に行われた「渡始式」の次第の記述あり。
『八百八橋物語』p132-133 〈中之島と難波橋〉の項 大正4年難波橋渡り初めの大阪朝日新聞の記事を引用。
『古事類苑 4 地部3』p191-193 〈渡初〉の項 9つの文献「雍州府志」「國花萬葉記」「一話一言」「半日閑話」「武江年表」(2件)「甲子夜話」(2件)「言成卿記」が列挙されている。

5 雑誌記事
『日本古書通信 2001.9』p9-11「巷説かわら版物語(9) 「日本橋」渡り初め奇譚-五代夫婦の謎」 江戸時代の瓦版と『甲子夜話』が伝える故事を解説したもの。

6 新聞記事
『明治の読売新聞縮刷版CD-ROM』を〈渡り初め〉で検索。明治8年から三代夫婦や高齢者などによる渡り初め式の記事が82件ヒットする。

7 インターネット情報
検索エンジン《Google》を〈渡り初め & 橋〉で検索すると、三代夫婦渡り初め儀式のニュースなどが多数ヒットするが、いくつかのサイトにまとまった記述がある。
「小さな橋の博物館」
橋に関する情報発信・収集をしているサイト。「三代夫婦の渡り初めについて(私説)」と題したページで、起源を示す文献は見あたらないとしている。( http://www1.harenet.ne.jp/~wawa/B/bridge.html  2007/12/14最終確認)

8 小説や随筆で渡り初めに言及したもの
『柳橋物語』『日本の橋』などがあった。
回答プロセス
(Answering process)
〈渡り初め〉〈渡初〉〈橋〉〈土木〉〈建築儀礼〉をキーワードに各種事典類、自館目録と《NDL-OPAC》を検索。またNDC分類515〈橋梁〉、38〈民俗〉、176〈神道〉、21〈歴史〉の棚にあたる。
さらに同じキーワードで《NDL-OPAC(雑策)》《MAGAZINEPLUS》《明治の読売新聞CD-ROM》《Google》を検索。それぞれの資料に該当記述や参考文献がないかを確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
「日本国語大辞典 第2版」ほか国語辞典 「国史大辞典」「日本庶民生活史料集成 9」「日本大百科全書」「平凡社大百科事典」「神道事典」「祝詞事典」「橋のなんでも小辞典」「橋の文化誌」
NDC
橋梁工学  (515 9版)
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 9版)
参考資料
(Reference materials)
『諸祭式要綱 続』(神社新報社 1965)
『雑祭式講義全書』(佐伯書店 1971)
『雑祭式作法綱要』(佐伯書店 1971)
『江戸の橋』(三省堂 2006)
『橋の世界』(藤原稔 山海堂 1994)
『橋と日本人』(上田篤 岩波書店 1984)
『日本民俗大辞典 下』(吉川弘文館 2000)
『明治世相百話』(山本笑月 中央公論社 1983)
『名橋巡ぐり』(畑中健三 太陽堂 1929)
『大田南畝全集 11』(岩波書店 1988)
『甲子夜話 1』(平凡社 1977)
『甲子夜話 3』(平凡社 1977)
『いまは昔むかしは今 2 天の橋地の橋』(福音館書店 1991)
『木霊論:家・船・橋の民俗』(神野善治 白水社 2000)
『歴博万華鏡』(国立歴史民俗博物館 朝倉書店 2000)
『自然と文化 1984夏季号』(観光資源保護財団)
『八百八橋物語』(松籟社 1984)
『古事類苑 4 地部3』(神宮司庁 1913)
『日本古書通信 2001.9』
『柳橋物語』(山本周五郎 新潮社 1968)
『日本の橋』(保田與重郎 講談社 1990)
キーワード
(Keywords)
橋梁-歴史
建築儀礼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000048910解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!