このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000047798
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-059
事例作成日
(Creation date)
2008/1/23登録日時
(Registration date)
2008年10月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2012年04月27日 15時18分
質問
(Question)
戦国時代から江戸時代初期頃、職人はどのように賃金を貰っていたか知りたい。また、その賃金はおよそいくらか知りたい。
回答
(Answer)
『日本の中世 3 異郷を結ぶ商人と職人』の「職人と生計」の項に、賃金の具体例を示した記述がある。また、『時代考証事典』の「貨幣と物価」の項と、『続時代考証事典』の「職人と商人」の項に、江戸時代の賃金について記述されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.京都府立総合資料館・京都府立図書館の蔵書検索システムで、キーワード「職人」と分類「210.4」「210.5」を検索した。

2.戦国時代から江戸時代初期の歴史関係の参考図書の中から、職人に関する記述を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の中世 3 異郷を結ぶ商人と職人』 笹本正治著 中央公論新社 2002 292p (当館請求記号210.4/N71/3)
『時代考証事典』 稲垣史生著 新人物往来社 1971 478p (当館請求記号210.503/I52/1)
『続時代考証事典』 稲垣史生著 新人物往来社 1985 536p (当館請求記号210.503/I52/2)
キーワード
(Keywords)
職人
賃金
生計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000047798解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!