このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000047504
提供館
(Library)
北杜市立中央図書館(金田一春彦記念図書館) (2310108)管理番号
(Control number)
OZ-2006-3
事例作成日
(Creation date)
2006年10月04日登録日時
(Registration date)
2008年09月21日 12時17分更新日時
(Last update)
2008年09月21日 12時19分
質問
(Question)
昔ラジオ番組で金田一春彦先生が万葉の頃の日本語の発音が今とはだいぶ違っていたと話をされていた。
例として「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山」という歌を取り上げて、
当時は「パルツンゲーテ ナットゥ キニケラーチ チロタペノォー コローモポシチョー アマァーノカグゥヤマァー」と発音されていたと話されていた様に記憶している。
そのような内容の著作があるのかどうか、あるとしたら書名等を教えて欲しい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料『金田一春彦著作集』第9巻 P478~に記述あり。
昭和61年10月23日(木)、長崎県総合福祉センターで行われた
第30回九州地区高等学校国語教育研究大会における講演をもとにしたものが
上記全集にまとめられている旨回答。
回答プロセス
(Answering process)
金田一先生の弟子である芳賀綏先生に尋ねると
『日本語セミナー』か『金田一春彦著作集』にあるのではないかとのこと。
両方をあたったところ『著作集』の9巻に記述有り。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 9版)
日本語  (810 9版)
参考資料
(Reference materials)
『金田一春彦・日本語セミナー』全6巻 筑摩書房 
1982~83年
『金田一春彦著作集』全12別1巻 玉川大学出版部
2003年~
キーワード
(Keywords)
日本語
発音
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
芳賀 綏 先生
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000047504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!