このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000046071
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20080725-3
事例作成日
(Creation date)
2008年07月25日登録日時
(Registration date)
2008年07月25日 17時52分更新日時
(Last update)
2008年07月26日 16時57分
質問
(Question)
アメリカでの case method について調べたい。
回答
(Answer)
『英米法辞典』に下記の情報があった。 

p.126 
case method 
ケイス・メソッド 「法律家のごとくに考える」能力を学生に修得させるために、判例などを素材とし「ソクラテス的方法(Socratic method)による」質疑応答を通じて法の諸原則を理解させる、アメリカの law school において支配的な教授法。1860年代に New York University のポマロイ(Pomeroy)が実験的に試みたが、それが一般化するようになったのは、1870年に Harvard Law School の dean(法科大学長)となったラングデル(Langdell)の努力による。(以下略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
英米法辞典 = Dictionary of Anglo-American law / 田中英夫編集代表 ; 藤倉皓一郎 [ほか] 編集委員 東京大学出版会 , 1991 ISBN:4130311395
ハーヴァード・ロー・スクール / 田中英夫著 日本評論社 , 1982 (日評選書)
キーワード
(Keywords)
case method
ケースメソッド
ケース・メソッド
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000046071解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!